転職エージェントを使うデメリットを徹底解説

転職活動をする際に利用したいと思うのが転職エージェントではないでしょうか。転職エージェントにはキャリアコンサルタントがいるため転職活動に必要なサポート全般を行ってくれるので効率よく転職活動をすることができます。

ですが、転職エージェントを利用することで生じるのはメリットばかりではありません。
キャリアコンサルタントがしてくれることを見ていると良いことばかりの様に思われますが、次のようなデメリットも生じます。

  • キャリアコンサルタントによって能力が違い、返ってストレスになる
  • 登録者の市場価値によっては良い求人を紹介してもらえない
  • キャリアコンサルタントが全てしてくれるからと依存してしまいがち
  • 自分に合った転職エージェントを選ばなければ転職に苦戦する

などのデメリットが挙げられます。
転職エージェントを実際に利用した人ならわかることもありますが、これから転職エージェントを利用する人のために、これらのデメリットを細かく解説していきましょう。

転職エージェントのデメリット

キャリアコンサルタントによって能力が違い、返ってストレスになる

転職エージェントにはそれぞれキャリアコンサルタントが在籍しています。
多くの転職エージェントでは自社が持つ求人内容に精通しているキャリアコンサルタントが在籍していますが、入社したてのキャリアコンサルタントはまだまだかけだしで、キャリアコンサルタントとしての基本が身についていない人もいます。

もちろん、それまでに培ってきた実績や経験値などは人それぞれ違いますのでキャリアコンサルタントの力の差が出てきてもしかたありません。
そこで、転職エージェントではキャリアコンサルタントの質を一定にするために様々な研修を行っていますが、それでもキャリアコンサルタントの質にばらつきがあるのは事実です。

また、キャリアコンサルタントも人間ですので、登録者と相性が合わないという場合もあります。
いくら有能なキャリアコンサルタントでも相性が悪ければストレスになりますし、転職活動のサポートとはどのようなことをしていくのか、精神的なサポートや行動でのサポートなどがきちんとできていないキャリアコンサルタントが専任になってしまうのもストレスに感じます。

またキャリアコンサルタントによっては威圧的な態度をとる人もいるようで、全てのキャリアコンサルタントが登録者の相談を聞き、親身になって話をきいてくれるとは限りません。
ですので、専任となるキャリアコンサルタントによってはストレスに感じ、転職活動に支障が出てしまう可能性もあります。

もし、相性が合わないキャリアコンサルタントが担当になった場合は会社に連絡をして早めにキャリアコンサルタントを変更してもらうようにしましょう。

 

登録者の市場価値によっては良い求人を紹介してもらえない

転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントは登録者の情報やカウンセリングから、登録者の市場価値を判断します。
もちろん、登録者の希望や条件なども把握しているのですが、登録者側の意見ばかり通すわけにもいきません。

長年取引している企業側の条件や欲しい人材がわかっている分、企業が求めている人材にふさわしいと判断されなければ求人を紹介することはできません。
どの企業でも市場価値が低い人材より市場価値が高い人材を求めるものです。

ですので、登録者の市場価値が低いと判断した場合、求人をなかなか紹介してくれない、または紹介できる求人がないと言われてしまうこともあります。
もちろん、未経験OKや未経験業種にチャレンジできる求人を保有している転職エージェントもありますが、やはり市場価値の高い人から優先的に良い求人を紹介していく傾向がありますので、転職エージェントをうまく活用するにはある程度キャリアやスキルが必要になってくるでしょう。

 

キャリアコンサルタントが全てしてくれるからと依存してしまいがち

転職エージェントを利用する目的は「キャリアコンサルタントがいるから」という人が多いのではないでしょうか。
キャリアコンサルタントは登録者とカウンセリングをし、希望条件などを聞き、紹介できる求人を探してくれます。
また、それぞれの企業の情報に詳しく、一般的には知られていない企業の内情まで把握していますので履歴書や職務経歴書の書き方などもアドバイスしてくれます。

他にも、面接対策や模擬面接、キャリア相談やスケジュール管理、年収交渉や待遇交渉など様々なサポートをしてくれます。
転職エージェントに登録すると、登録者は基本的に「待つ」ことが多くなります。

つまり、待っている間キャリアコンサルタントが動いているため、どうしてもキャリアコンサルタントに依存してしまうのです。
キャリアコンサルタントは多くの登録者の担当をしているため、すぐに連絡がつかなかったり、連絡が遅れることもあります。

また、キャリアコンサルタントに任せっきりにしてしまうと望んでいない求人を紹介されたり、望んでいない面接に行かなくてはならなくなります。
キャリアコンサルタントは転職に成功させることが仕事ですのでサポートはしてくれますが、一番大切な「判断」をするときはキャリアコンサルタントの言いなりになるのではなく自分で判断し、自分の意思をきちんと伝えるようにしましょう。

 

自分に合った転職エージェントを選ばなければ転職に苦戦する

転職エージェントは数百とあり、どの転職エージェントを選べばわからないという人もいます。
ですが、自分に合った転職エージェントを選ばなければ転職活動が円滑になるどころか苦戦してしまう可能性もあります。

ゆっくり転職活動をしたいなら登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれる転職エージェントを選ぶ、早く転職したいならレスポンスが早くテキパキと動いてくれる転職エージェントを選ぶ、自分がなりたい職種がわかっているなら、その職種に特化した転職エージェントを選ぶ、キャリアコンサルタントのサポートを重視したいならサポート体制が万全で質の高いキャリアコンサルタントがいる転職エージェントを選ぶなど、自分が転職エージェントに何を求めているのかを確認し、自分に合った転職エージェントを選ぶようにしましょう。

 

おすすめの転職エージェント3選

転職エージェントはメリットばかりではなく、これらのデメリットもありましたが、それでも転職エージェントを利用した方が転職活動はスムーズに進みます。
これらのデメリットを考慮して、デメリットをある程度カバーできている転職エージェントを3社ご紹介しておきましょう。

 

DODA

DODAは転職エージェント業界で業績・求人数共に第2位を誇る大手転職エージェントです。
求人数は非公開求人、公開求人を合わせると10万件を超えているとも言われており、求人の多くは非公開求人でDODAが独占している求人です。
求人の質に関しても申し分なく、転職経験の少ない第二新卒や即卒などの若い世代から、キャリアが高い人が転職するためのハイキャリア、ハイクラス求人も数多く保有しています。

また、転職エージェントのデメリットで良く言われているキャリアコンサルタントの質も高く、DODAのサポート能力の高さは業界でもトップクラスです。
キャリコンサルタントの質にばらつきが少なく、初心者にも親切で丁寧な指導をしてくれます。

また、全国展開している転職エージェントですので大都市圏だけではなく地方の求人にも強く年代問わず、様々な業種や職種の求人を保有しています。

公式ページはコチラ

 

パソナキャリア

パソナキャリアは初めて転職エージェントを利用する人には最適な転職エージェントです。
初心者にも優しく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントとして有名で、サポートの手厚さは業界でも高い評価を得ています。

求人数は大手転職エージェントに比べると劣りますが、求人の質も良く、非公開求人も多数保有しています。
特に、パソナキャリアは女性や第二新卒などの若い年代の転職に強いエージェントで、働く女性を応援する転職エージェントとして有名です。

また、第二新卒や即卒など社会経験が少ない世代の転職にも強く、社会経験が少ない若い世代の場合、ビジネスマナーや所作などが分かっていない人も多いので転職が決まってもビジネスマナーがわからず辞めてしまう人も多いのです。
そのため、転職活動のサポートだけではなく社会人としての心構えやビジネスマナーなども指導してくれますので初心者にはおすすめの転職エージェントです。

公式ページはコチラ

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界第1位の業績と求人数を持つ最大手転職エージェントです。
求人数や求人内容は最大手ということもあり全く問題ありません。
質は高く、大企業や優良企業の求人から、ベンチャー企業など幅広い求人を保有しています。

ただ、キャリアコンサルタントのレベルが高すぎるという声が利用者からは上がっています。
リクルートエージェントは登録してから3ヵ月で転職に成功させるという社風のため、求人を決める時やどの企業の内定を受けるのかなど判断を迫られた時に急かされることがあります。

ですが、キャリアコンサルタントの質は高くメールや連絡の返信は早いですし、行動も早いので早く転職したいという人には向いています。
キャリアコンサルタントの質が高いため厳しい言葉を言われることもありますが、的を得ていることが多いので、その言葉を受け入れて新しい自分を開拓することもできます。

公式ページはコチラ

 

まとめ

転職エージェントのデメリットを解説してきましたがいかがでしたか?
転職エージェントのデメリットも把握した上で利用しなければ、あとから「こんなはずではなかった」ということになりかねませんので、きちんとデメリットも把握し自分に合った転職エージェントを選ぶようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*