第二新卒はマイナビエージェントを利用すべき?|第二新卒の評判・口コミを徹底分析

マイナビエージェントを利用を検討しているけど、本当に自分が使うべきなのか、もっと同世代の自分と似た境遇の転職者の生の声が知りたいと考えたことがないでしょうか。

転職は人生においての転機であり、転職エージェントの情報を丁寧に精査して、自分に合う転職エージェントを選ぶことはとても大きな意味があります。

そこでこの記事では、第二新卒に限定したマイナビエージェント利用者の評判・口コミから、あなたに本当にマッチする転職エージェントか判断できるよう年代を切り口にしたマイナビエージェントの詳細な情報をお伝えします。

続きを読む

30代はマイナビエージェントを利用すべき?|30代の評判・口コミを徹底分析

マイナビエージェントを利用を検討しているけど、本当に自分が使うべきなのか、もっと同世代の自分と似た境遇の転職者の生の声が知りたいと考えたことがないでしょうか。

転職は人生においての転機であり、転職エージェントの情報を丁寧に精査して、自分に合う転職エージェントを選ぶことはとても大きな意味があります。

そこでこの記事では、30代に限定したマイナビエージェント利用者の評判・口コミから、あなたに本当にマッチする転職エージェントか判断できるよう年代を切り口にしたマイナビエージェントの詳細な情報をお伝えします。

続きを読む

20代はマイナビエージェントを利用すべき?|20代の評判・口コミを徹底分析

マイナビエージェントを利用を検討しているけど、本当に自分が使うべきなのか、もっと同世代の自分と似た境遇の転職者の生の声が知りたいと考えたことがないでしょうか。

転職は人生においての転機であり、転職エージェントの情報を丁寧に精査して、自分に合う転職エージェントを選ぶことはとても大きな意味があります。

そこでこの記事では、20代に限定したマイナビエージェント利用者の評判・口コミから、あなたに本当にマッチする転職エージェントか判断できるよう年代を切り口にしたマイナビエージェントの詳細な情報をお伝えします。

続きを読む

マイナビエージェントの評判は悪い!?|2ch・口コミの悪い評判の理由を徹底解説!

 

マイナビエージェントを使ってみたいけど、ネットの評判を見てみると悪い評判も書かれていて使うべきか分からないと迷ってしまうことがあると思います。

そんな状態の中、勢いで転職エージェントを選択してしまうと、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わず、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまうことがあります。

転職の失敗の原因の7割は転職エージェントとのミスマッチによるものと言われるほど転職エージェントの選択は重要な意味を持ちます。

”火のない所に煙は立たぬ”というように悪い評判にはそれなりの理由があります。

その理由をしっかりと理解し、自分で利用すべきか判断出来るようこの記事ではマイナビエージェントに関する2ch・口コミでの悪い評判とその理由、マイナビエージェントを利用すべきかの判断のポイントをご紹介します。

続きを読む

転職を決断できないと悩む人の背中を押す5つの考え方

 

転職関連の記事を読むと”仕事が嫌だという理由で転職すべきではない”、”皆、似た状況で頑張っているのだから続けるべき”という意見が多く見られ、こんなことで悩む自分は弱い人間だと自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、自分自身の感覚や違和感を自分が信じられなければ、他の誰が自分の心を信じることができるのでしょうか。

思いや感覚を無視しするという行為は風船にどんどん空気を入れ続けている状態と同じです。その状態が続くとストレスを貯め込み、風船がはじけた瞬間から自分で何も考えられない・体が動かないという未来を作り出してしまします。

そのような状況を回避するためにも、転職についての”仕事が嫌だという理由で転職すべきではない”という意見について正しく理解する必要があります。

この言葉は正しくは、「転職のきっかけは”逃げ”でも良い、その瞬間から10年、20年後の将来像を真剣に考え行動するならば!」という意味を持つのです。

この記事では、転職すべきか悩む人のために視野を広げ、客観的に転職について考え、判断出来るよう状況別に転職に関する考え方をお伝えします。

続きを読む

【性格で選ぶ】転職エージェントおすすめランキング|評判・実績比較から分かった選び方

転職エージェントを使ってみたいけど、どの転職エージェントを選ぶべきかわからないとお困りではないでしょうか。

現在、厚生労働省に報告されている職業紹介事業の事業所数は大小合わせて約2万件にものぼります。

これは全国にあるセブンイレブンの店舗数(2018年10月現在)とほぼ同数であり、これだけ選択肢が多ければ迷ってしまうことは当然なのです。

しかし、安易に転職エージェントを選択してしまうと、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。

転職の失敗の原因の7割は転職エージェントとのミスマッチによるものと言われるほど転職エージェントの選択は重要な意味を持ちます。

さらに、このミスマッチの多くが求人を紹介してくれるキャリアアドバイザーとの相性によって生じています。

つまり、最終的にはサービスを提供してくれる人と自分との相性が重要になるのです。

そこで、この記事では会社業績や顧客満足度、IRなど投資家向けの情報から分かる会社としての特徴に加え、利用者の口コミ・評判や元転職エージェントの方への独自取材からわかった、キャリアアドバイザーの対応の仕方・方針に大きな影響を与える社風を分析し、性格を軸にあなたに合ったおすすめの転職エージェントを紹介します。

続きを読む

type転職エージェントの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは?

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。


しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。


もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。


そこで、このページではtype転職エージェントの特徴・強みを整理し、「type転職エージェント」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
type転職エージェントの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
type転職エージェントにマッチする人はどんな人で自分に合うか、どのようにtype転職エージェントを使えば効果的か(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

これからの転職の意義 -人生100年時代のキャリア-

あなたは日本の労働者の働き方が今まさに急激な変化点を迎えていることを実感しているでしょうか?

約100年前1918年に生まれた人が、100歳まで生きている確率はわずか1%でした。

しかし、現在の日本においては、2007年生まれの50%が107歳まで生きると推測されています。

人類の進歩とともに人の寿命が延びる中で日本では少子高齢化が急激に進み、企業はより少ない人数で大きな成果を出すことを目指さなければならない状況になっています。

すると、社内人材の能力を見極め、それが最大限発揮されるような支援や投資、仕組み作りを惜しまない会社に変化できない企業は、成長が頭打ちになってしまいます

こうした変化の中では、従来の苦手を克服し、満遍なくこなせることを重視した、平均や標準化などの横並び意識の強い会社は衰退し、その会社で積んだキャリアは自分の市場価値を一向に上がらない可能性があります。

このように、個人の強みを活かし、総和以上の組織力を生み出す企業が生き残る時代になってきている今、自分のキャリアを変化に対応する発想を持つ会社で積むかという選択の重要度は非常に高くなっています。

変化を受け入れ柔軟にそれぞれの強みを活かす会社で存分に自分の能力を活かし成長させ、「私の強みはこれ」と明確に答えられるように実績を積む。このプロセスが変化の多い現代社会に求められるキャリアの形なのです。

新しい道について考え、100年時代のキャリアを確実に積み重ねるための手段として、転職はあります。

もし、あなたが今の仕事に違和感を感じたり、成果があまり出ていない状態ならば 自分を活かしきれていない、強みにフォーカスできていない可能性があります。

だからこそ、転職という理想の未来をつかむ行動を選択することは大いに価値があるのです。

転職の定石 -エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

type転職エージェント総評 -首都圏の女性やエンジニアにマッチ-

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


また、口コミ・評判からtype転職エージェントのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、思考派の若者層、その中でも一都三県で転職希望の女性の方やIT関連の転職希望者の方にマッチする転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

type転職エージェントってどんな会社? ー実績と評価理由ー

type転職エージェントは、赤坂に拠点を構えており、登録者数150万人の転職サイト@typeを運営する株式会社キャリアデザインセンターが提供する転職エージェントです。

取り扱い求人件数は15,000以上、利用者の約71%が転職後の年収が上がっているという業界内でも高い実績を持っています。

type転職エージェントが、利用者から高い評価を得ている理由は紹介される求人の質とキャリアアドバイザーの丁寧なサポートにあります。

この背景として、一都三県に限定し、ITエンジニアや女性をメインに20年以上サービスを運営してきた中で培った企業との強い繋がりがあります。

この運営歴は業界最大手のリクルートにも匹敵しており、実際に都内の一流企業も多く求人を出しています。

これからのtype転職エージェント ー事業戦略とビジョンー

type転職エージェントは1993年の創業以来、「いい仕事・いい人生」の企業理念 を掲げ、キャリア志向の高い一都三県のエンジニア・女性を主軸にした事業展開をすることで他社との差別化を図り、企業活動を行ってきました。

今後の展開としてはエンジニア・女性という既存のターゲットへのサポートをさらに充実させることはもちろんのこと、これらに加えて採用ニーズが高い「営業」などの採用サポートへ注力していくようです。

実際type転職エージェントでは、転職者への丁寧サポートをさらに充実させるために、業務システムの強化及びチャットツールなどを導入し、転職者と密にコミュニケーション取れる環境を整えています。

エンジニア・女性というターゲットに対し、ブレずにサポートを続けてきた会社だからこそ、今後も一都三県のエンジニア・女性が満足するようなサービスを受けられる工夫や機会は他社と比べてもより一層多くなると言えるでしょう。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

type転職エージェントで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

type転職エージェントの紹介求人

type転職エージェントの紹介求人件数をもとに調査した業界別求人比率は以下の通りです。

IT・通信系求人が全体の49.9%と特に多いことが分かります。

現在一般的には以下の図の通りIT・通信系の求人倍率はが平均の2倍以上という市場状況にあり、そもそもの求人数が多いのは事実です。

しかし、取り扱い求人の半数がIT・通信系である転職エージェントは稀であることから、type転職エージェントは間違いなくIT・通信系での転職を考える人が利用すべき転職エージェントと言えます。

type転職エージェントのサポート内容

type転職エージェントによる具体的なサポート内容は以下の5つです。

この中でも特に役に立つのが”応募書類サポート”と”面接対策”です。

応募書類サポートでは、履歴書や職務経歴書の丁寧な添削はもちろんのこと、キャリアカウンセリングによって具体的になった転職者の強みがより企業に伝わるよう推薦状を提出してくれます。

面接対策では、それぞれの企業で求める人物像に対し、営業担当が企業の採用担当者から直接得たリアルな情報や過去の内定者の特徴をもとにキャリアアドバイザーが応募企業に合った面接の傾向や対策を行います。

このように書類選考と面接の対策をきっちりと行いうことで、転職者が不安なく選考に望めるように全力でサポートしてくれます。

裏付けとなる口コミ
24歳男性・インフラエンジニア
年収320万円台
面談の際にキャリアアドバイザーの方が「うちはハッキリ言ってリクルートさんやDODAさんにはブランド力ではかなわないんですよ(笑)でも、だからこそサポートは個別に時間をとってできるので、大手にないサポート力があるんです」と言っていましたが、実際にこれでもかというくらい面接の練習もしてもらえましたし、毎回書類の添削もしてもらいました。他のエージェントよりも書類通過率も選考通過率も高かったので、面談のときにキャリアアドバイザーの方が言っていたことは間違いではなかったんだなぁと感じています。

type転職エージェントの4つの良い評判(メリット)

ここでは実際にtype転職エージェントを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるtype転職エージェントのメリットは以下の4つです。

  • 首都圏のエンジニア転職に強み
  • 首都圏の女性の転職に強み
  • サポート力が高く、対応が丁寧
  • 無料の転職相談会・セミナーを毎週開催

これらの評判について1つずつ確認していきます。

首都圏のエンジニア転職に強み

type転職エージェントは1993年から転職エージェント事業を運営している老舗転職エージェントです。

創業以来一貫してキャリア志向の高い一都三県のエンジニア・女性を主軸にした事業展開を進めており、20年以上積み上げた信頼関係から大手を含む一都三県の優良求人を多数保有しています。

また、主軸の1つであるIT関連には特に力を入れており、IT業界の転職トレンドなどの詳細情報を公式HPで配信やセミナーを定期的に実施しています。

上記の取り組みの結果として、IT関連求人が取扱求人の約50%を占めていおりIT関連転職者への充実したサポートを可能にしています。

裏付けとなる口コミ
29歳男性・システムエンジニア
年収800万円台
前職では規模こそ大きいもののタスク作業が多かったので限界を感じ、よりキャリアアップできる企業に転職するためにtype転職エージェントを利用しました。type転職エージェントでは、「この会社は名前は知られていないが最近大型資金調達をしてIPOを目指している会社で、エンジニアメンバーでのコミュニケーションが活発で、しかも自由度の高い会社ですよ」など開発のスタイルや社風まで教えてくれました。エンジニア転職相談会も自分の視野を広げるのに役立ちました。

首都圏の女性の転職に強み

type転職エージェントはもう1つの軸である女性の転職についても多くの強みがあります。

type転職エージェントは別サービスとして「女の転職@type」の運営もしており、約20年間積み上げてきた豊富な女性転職ノウハウを有しています。

また、女性の転職に関する記事も多く配信しており、内容には”女性が働きやすい会社・職場を選ぶポイント5つ”、”女性におすすめ企業特集”などピンポイントで知りたかった情報が書かれているためサイトを見るだけでもかなり良質な情報が得られます。

女性の仕事観の深い理解と実績のあるノウハウがあるtype転職エージェントのサポートは女性の方が安心して任せることが出来る転職エージェントとして特におすすめです。

裏付けとなる口コミ
26歳女性・事務
年収350万円台
年収アップ率71%をうたっているだけあり、自身も年収が上がっての転職が叶いました。大手企業の求人が多くてしっかりとサポートしてもらえたということもありますが、担当の方が企業に取り合ってくれたおかげなのが大きいと思います。しっかりと企業との信頼が築けているので安心ですし信頼できるサービスだと感じました。

サポート力が高く、対応が丁寧

type転職エージェントは丁寧なサポートが売りの1つです。

大手転職エージェントのキャリアアドバイザーは常に50人以上の転職者のサポートをしているためどうしても一人一人に掛けられる時間が少なくなってしまいます。

一方、type転職エージェントは一都三県に集中して事業を展開しているため、リクルートエージェントやDODAほど登録者数が多くありません。

よって、じっくりと時間をとり転職の軸や転職者の強みやスキルの洗い出しを行い、納得感を重視したサポートを行ってくれます。

また、求人企業への年収交渉力も高く「他社さんはこの方を年収700万円でオファーしてるんで、850万円はださないと取られちゃいますよ」などと上手に企業営業が転職者を売り込んでくれます。

これは20年以上事業を継続して培った信頼関係があるからこそできる交渉であり、その結果として年収アップ率71%と高い実績を有しています。

裏付けとなる口コミ
32歳女性・小売り
年収340万円台
typeさん含め4社利用していましたが、求人紹介の質といい、サポートの親身さといえtypeさんがダントツでした。私の希望に対して真摯に話を聞いてくれて求人も紹介してくれましたし、精神的につらいときでもサポートしてくれました。


30歳男性・サービス
年収450万円台
担当の方は優しく、話しやすい雰囲気の方でした。おかげ様で転職が決まりましたが、転職先に年収交渉をしてくれて年収が200万円も上がることになったのは驚きでした!妻にも喜んで報告できました!

無料の転職相談会・セミナーを毎週開催

type転職エージェントは様々な相談会・セミナーを毎週開催しています。

たとえば、転職を考え出した方向け相談会・セミナーでは、現職での行きづまりや自身の市場価値について不安や悩み、キャリアの方向性や転職に何を求めるかを具体的にすることが出来ます。

さらに、書類作成・面接対策の相談会・セミナーでは、職務経歴書や履歴書の書き方についての選考通過のコツや面接における自己PR方法、志望理由のまとめ方などプロが丁寧に指導してくれます。

このように、type転職エージェントは転職に関する悩みを解決してくれる相談会・セミナーを毎週開催しており、分からないことを効率的に解消できる機会を提供してくれています。

裏付けとなる口コミ
25歳男性・通信機器営業
年収300万円台
自分の軸がしっかりしておらず、職場が嫌で逃げてきた立場なので転職で自分がどうなりたいかわからない状態でした。面談後に「自分の軸をよりしっかりとりさせるためには参加をおすすめします」ということで転職相談会を紹介してくれたので実際に参加してみたのですが、「自分のやりたいこと」が明確になったので参加した意義は相当大きかったと思っています。

type転職エージェントの2つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にtype転職エージェントを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるtype転職エージェントのデメリットは以下の2つです。

  • 首都圏以外の転職に弱い
  • アドバイザーの対応にばらつき(どのエージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

首都圏以外の転職に弱い

type転職エージェントの求人は一都三県に集中しています。

実際に公式HPに掲載されている公開・非公開求人数を確認した結果、一都三県にのみで全体の約70%を占めます。

この地域以外の求人は極端に少なく、一番多い地域の大阪でも全体の6%程度(約1500件)しか求人がないので地方の求人を探している方は注意が必要です。

もし、地方での転職を考えている方は求人数確保のためリクルートエージェントやDODAなど他のエージェントを併用することをおすすめします。

裏付けとなる口コミ
32歳女性・通信
年収450万円台
リクルートと比較したら地方の求人が皆無でした。type転職エージェントは都内で転職したい方にとっては最適な転職エージェントだと思いますが、地方で転職したい方は別のリクルートやDODAを利用したほうがよいと思います。

アドバイザーの対応にばらつき(どのエージェントも比較的あること)

キャリアアドバイザーの丁寧な対応に定評があるtype転職エージェントでも人の相性の問題は一定数出ています。

サポートをしてくれるキャリアアドバイザーが良かれと思って行動した結果が自分の求めている対応とマッチしないときがあります。

そんな時はまず担当にどのようにしてほしいか自分の希望をはっきり伝えるようにしましょう。

もし、それでも改善されない場合はキャリアアドバイザーの変更の申し出や別の転職エージェントを利用しておき、メインとして使用する転職エージェントを変更するようにしましょう。

裏付けとなる口コミ
32歳男性・コンサル
年収900万円台
サポートの丁寧さはバツグンだったので不満はなかったのですが、電話がしつこいのは気になってしまいました。日中は電話にでられない→またかけてくるといった感じだったので、電話をかけてくる時間は考えてほしかったです。

こんな人におすすめ! type転職エージェントとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、type転職エージェントがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

思考派の若者層、その中でも一都三県で転職希望の女性の方やIT関連の転職希望者の方にマッチする転職エージェントです。

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|type転職エージェントの効果的な利用方法
自分の転職の軸をはっきりさせ、目的を持って複数の転職エージェントを利用し、求人情報を得ることでより効果的に転職を進めることが出来ます。

type転職エージェントは独自の相談会・セミナーも豊富であり、一人一人に丁寧に対応してくれるため自身の軸づくりにどんどん利用していきましょう。

また、type転職エージェントにマッチする方の併用転職エージェント戦略の一例を紹介します。

自分の軸がはっきりしていない方やもう少し深堀したいと感じた方は、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントを併用しプロの意見も取り入れながら明確な基準を作ることをおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、type転職エージェントの他に、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてリクルートエージェント、DODAを併用することをおすすめします。

また、既に自身の軸がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。

上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

 

転職
エージェント

特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

地域限定転職について ー地域特化型転職エージェントー

一都三県に強いtype転職エージェントのように特化型で地域に根差した展開をして企業との信頼関係を築き、良質な求人を紹介してくれる転職エージェントは多数存在します。

地方特化型転職エージェントの代表が全国21箇所に拠点をもつREGIONALCAREERです。

今回はREGIONALCAREER以外の地方特化型エージェントを調査しました。

大手転職エージェントを利用したほうが求人数が多い場合もありますが、地方での転職を希望する方が少しでも良質な求人と巡り合えればと下記に調査結果をまとめました。

併用する転職エージェントの候補として参考にしてみて下さい。

type転職エージェントでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

転職者と直接かかわるtype転職エージェントのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

type転職エージェントのキャリアアドバイザーは丁寧な対応の中で個別に励ましの言葉をかけてくれるなど、転職活動を二人三脚でサポートしてくれる方が多いようです。

裏付けとなる口コミ
22歳男性・印刷会社営業
年収220万円台
細やかなサポートが最高でした。Fラン出身で中小企業、しかも入社後3ヶ月で辞めてしまっていて市場価値としては底辺だと思いましたが、そんな僕でも細やかなサポートをしてくれ、新卒の時に落ちた企業に転職することができ、年収も上がったので満足しています。ありがとうございます。

キャリアアドバイザーの経歴

type転職エージェントのHPで紹介されているキャリアアドバイザー64人の経歴を調査しました。

結果として、自身も転職を経験している中途入社のアドバイザーが90%となっており、転職者の気持ちを自身の経験からも感じ取りサポートをしてくれる方が多いようです。

また、データを集計する中で分かったキャリアアドバイザーの経歴を大まかに3タイプに分類したものを以下に記載するので参考にしてください。

キャリアアドバイザーの経歴の3タイプ

  1. 新卒でtype転職エージェントに入社後様々な業界を経験し、現担当に
  2. 担当の業界で勤務経験のある人物が中途採用でtype転職エージェントに入社し、現担当に
  3. 担当と別の業界(商社等)経験者が中途採用でtype転職エージェントに入社後、社内で企業担当などを経験し現在の担当に

これらのデータからtype転職エージェント内には様々な経験を持つキャリアアドバイザーが在籍していることが分かります。

よって、自分の求めるサポートをしてくれるキャリアアドバイザーはtype転職エージェント内に必ず在籍しています。

もし、担当者の業界への専門知識やキャリアアドバイザー対応に疑問を感じた方は経歴(業界経験年数、転職経験の有無、企業担当は兼務しているかなど)を確認した上で上記2のタイプの経歴のキャリアアドバイザーに変更をお願いしてみましょう。

キャリアアドバイザーの対応・評判

type転職エージェントのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、親身になって話を聞いてくれ、時間をかけしっかりと対応してくれるというものでした。

その中でも特に選考後の書類添削や面接対策がしっかりしており、”丁寧にサポートしてくれたからこそ転職が成功した”という口コミが目立ちました。

裏付けとなる口コミ
31歳女性・契約社員
年収300万円台
契約の期限が切れていたので、離職中での転職活動で不安があり何かとストレスがたまりましたが、担当のキャリアアドバイザーの方は選考前にアドバイスをくれるだけでなく励ましてくれましたし、うまくいかないときは一緒に改善策を考えてくれました。ひとりで転職活動していたら絶対にうまくいかなかったと思います…

type転職エージェントの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

type転職エージェントを利用し、転職を成功させるまでの流れを紹介します。

登録から内定まで大きく4つのステップがあります。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。 

氏名、性別、生年月日、居住している都道府県、電話番号、連絡先メールアドレスパスワード、現在の就業状況、直近の雇用形態、直近の経験職種、転職回数、学歴区分

5分程度で登録することが出来ます。

また、登録後職務経歴書をアップロードしておくと個別面談までスムーズに進めます。

職務経歴書の書き方についてはtype転職エージェントが詳細を記載したページが既にあります。

リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。(職務経歴書書き方参考

|個別相談、求人紹介
type転職エージェントのオフィスか電話にてキャリアアドバイザーとの個別相談を行い、自分の希望の詳細を伝え求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。

不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整やスケジュール管理を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

アフターフォローとして転職後もキャリア形成などの悩みについて気軽に相談できます。

プロの目線で意見を貰える良きパートナーとして築き上げた関係を大切にしていきましょう。

もし、合わないと感じたら -type転職エージェントの退会方法-

実際にtype転職エージェントを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。

type転職エージェントの退会はtype転職エージェントのマイページから申請することが出来ます。

手順は以下の通りです。

  1. マイページにログイン
  2. 画面最下段にある「サービスの退会」をクリック
  3. 「退会する」ボタンをクリックすれば、退会処理が完了します。

まとめ

type転職エージェントの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

type転職エージェントにマッチする人は思考派の若者層、その中でも一都三県で転職希望の女性の方やIT関連の転職希望者の方です。

また、type転職エージェントをより効果的に使うためには用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

自分の軸がはっきりしていない方やもう少し深堀したいと感じた方は、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントを併用しプロの意見も取り入れながら明確な基準を作ることをおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、type転職エージェントの他に、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてリクルートエージェント、DODAを併用することをおすすめします。

思考派の方でしたら、その中でもパソナキャリアとの親和性が高いと思います。

併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に。
キャリアアドバイザーの丁寧な対応と相談会・セミナーを提供してくれるtype転職エージェントは自分のキャリアを見つめ、組み上げ、一都三県で転職するにはとても効果的な転職エージェントと言えるでしょう。

変化を受け入れ柔軟にそれぞれの強みを活かす会社で存分に自分の能力を活かし成長させ、「私の強みはこれ」と明確に答えられるように実績を積む。

このキャリア形成の流れを作ることが出来れば、あなた自身の市場価値をさらに大きくするチャンスにもつながることでしょう。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/type-bad-reptation/

ハタラクティブの評判・口コミから分かった真実|本当にマッチする人とは?

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通する点は自分の希望にマッチしていること。

しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。

もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。

そこで、このページではハタラクティブの特徴・強みを整理し、「ハタラクティブ」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
ハタラクティブの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
ハタラクティブにマッチする人はどんな人で自分に合うか、どのようにハタラクティブを使えば効果的か(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

やりたいことをやって生きる -転職エージェントの戦略的利用法-

「やりたいことをやりなさい」あなたも子供のころ両親に一度は言われたことがある言葉ではないでしょうか。

しかし、多くの人はこの言葉をあとに大人から「これはダメだ」「非常識だ」「できない」という言葉をかけられ自分の希望や可能性をつぶされてしまいます。

だからこそ、やりたいことをやって生きる人生をつかみ取れるかどうかは周囲の言葉に負けずに必要な行動をしっかりと見極め実行することができるかどうかという戦略の取捨選択に掛かっているのです。

このように、やりたいことをやる人生の実現には強い意志と、周囲のニーズや興味の把握した戦略的行動の2つが必要になります。この考え方は多くの行動に共通するセオリーと言えるものになります。

例えば、転職を例にとると分かりやすいでしょう。

あなたが会社に入社しようと考えたとき、自分がどんな会社で働きたいか考えるのみで行動することが多いのではないでしょうか。

もちろん自身の意思は最も大切ですが、行動する前に必要なもう一つの要素、相手のニーズや興味を把握していないと上手く行かないことが多くなってしまいます。

このニーズや興味に該当する部分について人材紹介会社や企業の採用担当者に取材をしてわかった要素は”実績”、”学歴”、”人柄”の3つです。基本的に中途での採用の場合、”実績”>”学歴”=”人柄”という順位で評価されます。

これは働く人が把握すべき基準です。

この前提を持って転職活動を戦略的に行うと行動自体が大きく変わってきます。

転職活動を開始すると必ず大切にする軸を絞るようアドバイスを受けることでしょう。

軸という言葉を単純に考えると年収、勤務地、福利厚生などの条件を考えてしまいます。

しかし、今後の社会生活でも実績は何より大切だと理解していれば、あなたが転職で持つべき軸として”やりたいことの実績が詰めるかどうか”という要素がより重要になってきます。

”実績”を目に見える、数字になって表れる分かりやすい形で積み上げているほど、あなたの価値を分かってくれる人は増え、自己実現のために大きな効果を発揮します。

あなたは実績を作る行動をとっているでしょうか?

自分がやりたいことをして生きていくためにどんな実績が必要かわかってるでしょうか?

評価基準の理解と自分のやりたいことを行う環境の整備を行える。

これがやりたいことをやり続けるために必要な第一条件です。

もし、今の会社や環境でそのチャンスを得られないとしたら、経験を得られる環境整備のために行動することはやりたいことをやる人生を得るために必要な1つの選択肢になります。

行動を起こすときはまず自分の心の情熱が何に向いているか、次に実現し続けていくためには満たすべき基準と実現するための行動は何なのか具体的にしましょう。

自分の軸さえはっきりしていれば周りの声への対応も明確になり、不必要なことをしてくる相手に対しても不快感を感じなくなります。

これを具体的に転職エージェント利用方法に落とし込むと、複数の転職エージェント利用しておき、実績を積めないような企業を紹介するようなキャリアアドバイザーは切り捨て、別の転職エージェントを使い自分がやりたいことを実現してくれるチャンスをくれる人とどんどん関わるようにするのです。

自分のやりたいという気持ちに正直になり、今必要な選択を続ける。

この意志ある点は、その後の選択と行動の積み重ねによってやがて線となりあなたの人生を輝かせるものになるでしょう。

転職の定石 -エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。

その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

ハローワークと転職エージェントの違い -メリット・デメリットー

ここでは、ハローワークと転職エージェントの違いとメリット、デメリットを簡単に説明します。

まず、ハローワークと転職エージェントのメリット、デメリットは以下の通りです。

この違いは基本的にそれぞれの機関の成り立ちによって生まれています。

ハローワークは国が管轄し、全国に設置されている公的機関であり主に職業紹介事業を行っています。

特徴としては、求職者と人材を募集する側の企業がともに無料でサービスを受けることができます。

一方転職エージェントは、ハローワークと同じく職業紹介や就職のためのサポートサービスを行っていますが、企業は転職エージェントを使って採用を決定した場合、転職エージェントへ費用を支払っているという特徴があります。

この費用発生は一種のハードルのようなものになっており、優秀な人材を求め、採用した人材に投資し育てる意思のある企業が利用するようになるため良質な求人が集まりやすい環境が整備されています。

このような違いがあるハローワークと転職エージェントの利用については、”働きたい地域”、”受けたいサポート”、”自分の転職のやり方・ペース”から利用するサービスを選択すると良いでしょう。

ハタラクティブ総評 -未経験歓迎求人を求める方にマッチ

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


また、口コミ・評判からハタラクティブのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、思考派の若者層、その中でも一都三県・大阪で転職希望の既卒・フリーター・第二新卒の方にマッチする転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

ハタラクティブってどんな会社? ー実績と評価理由ー

ハタラクティブは、東京、神奈川、千葉、大阪に拠点を構えており、取り扱い求人件数は1,000件以上、利用者の内定率80%、約50%が上場企業に転職実績を持っています。

ハタラクティブが、利用者から高い評価を得ている理由は既卒・フリーター・第二新卒など学歴や経歴不問の正社員採用求人を常時1000件以上紹介してくれる特化型の転職エージェントだからです。

また、最短で1週間程度、平均して1ヵ月で就職先を決めることが出来る人が多く、とにかく次の職場を決めたい方にとっては特におすすめの転職エージェントとなっています。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

ハタラクティブで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

ハタラクティブの紹介求人

ハタラクティブの業界別求人比率は以下の通りです。

IT・通信系求人が全体の24.0%、メーカー系求人が22%と特に多いことが分かります。

現在一般的には以下の図の通りIT・通信系の求人倍率はが平均の2倍以上という市場状況にあり、そもそもの求人数が多いのは事実です。

そんな転職市場状況中、母数の多いIT・通信系求人に偏り過ぎずバランスよく求人を紹介してくれているハタラクティブは市場動向に左右されず優良求人を選別して紹介している転職エージェントと判断できます。

ハタラクティブのサポート内容

ハタラクティブによる具体的なサポート内容は以下の5つです。

この中でも特に役に立つのが”応募書類サポート”と”面接対策”です。

応募書類サポートでは、履歴書の丁寧な添削はもちろんのこと、より魅力が伝えられる書類の作り方もアドバイスしてくれます。

また、希望者には履歴書・職務経歴書の書き方ガイドシートも準備してくれます。

面接対策では、実践形式で1つ1つの質問に答えられるよう練習することが可能です。

また、面接対策の中では”面接で気を付けるポイント”や”良く落とされるパターン”など面接の経験が少ない方でも自信を持って挑めるように1からしっかりとサポートしてもらえます。

このように丁寧に時間を取って対策を行い、転職者が不安なく選考に望めるように全力でサポートしてくれます。

裏付けとなる口コミ
20代女性・アルバイト
年収180万円台
仕事はアルバイトを転々としているだけで初めての就職活動だったが、ハタラクティブのコンサルタントの方はこんな私でも嫌な顔ひとつせず丁寧に接してくれた。履歴書しか書いたことがなく、就職の進め方もわからなかったが「職務経歴書にどのようなことを書けばよいか」「面接ではどのようなことをアピールしたらよいか」など0から教えてくれたので、不安なく就職活動を進めることができ、就職することができた。

ハタラクティブの2つの良い評判(メリット)

ここでは実際にハタラクティブを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるハタラクティブのメリットは以下の2つです。

  • 経歴不問で応募者全員をサポート
  • 丁寧なサポートを受けられる

これらの評判について1つずつ確認していきます。

経歴不問で応募者全員をサポート

ハタラクティブは20代を中心とした、既卒・フリーター・第二新卒が対象の就労支援サービスを展開しています。

未経験歓迎求人を常に1000件以上保有し、60000人の就労をサポートしてきた実績があるため、アルバイトの経験しかない方や高卒の方でも正社員として採用される可能性のある求人やノウハウを提供してくれます。

このような事業実績から厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者に認定されており、公的も高い信頼を得ています。

裏付けとなる口コミ
20代女性・ホテル
学歴や職歴が低い人専用のサービスということでした。最初に会った時に「20代であればいくらでも求人はありますよ」と言っており、その通りでした。大学卒業後にアルバイトを続けて職歴もない状態からでサポートしていただき感謝しています。

丁寧なサポートを受けられる

ハタラクティブは既卒・フリーター・第二新卒の方が自信を持って選考を受けられるよう書類添削や面接対策などのサポートを丁寧に行っています。

面接経験が少ない初心者の人でも面接対策会やキャリアアドバイザーで面接のポイントを丁寧に教えてもらえ、何度でも面接練習を一緒に行ってもらうことが可能です。

また、普段気になったこともチャットツールなどを用いて気軽に聞くことが出来る体制が整っています。

このように、小さな不安に対しても回答を直ぐにもらえるサポートはハローワークにはなく転職エージェントならではの強みであると言えます。

裏付けとなる口コミ
20代男性・営業
履歴書の作り方、面接の自己紹介、転職理由、すべて丁寧に一緒に作ってくれました。仕事の選び方や、入社後のことまでアドバイスをくれました。就活も真剣にやらなかったので、今回転職活動をして得るものが多かったです。サポートを受けずに自分で転職していたら絶対に無理でした。

ハタラクティブの2つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にハタラクティブを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるハタラクティブのデメリットは以下の2つです。

  • 求人の選択肢が少ない
  • アドバイザーの対応にばらつき(どのエージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

求人の選択肢が少ない

ハタラクティブでの取扱求人は未経験歓迎のものが多いためどうしても選択肢は狭まってしまいます。

また、サポート対象エリアが一都三県・大阪と限定されているためこの地域以外の方は十分なサポートを受けることが難しくなってしまいます。

求人の選択肢を増やしたい方は他の転職エージェントに登録し、求人数を増やすことをおすすめします。既卒・フリーター・第二新卒の方を対象とした併用エージェント候補については後述します。

裏付けとなる口コミ
20代男性・営業
正社員どころか、アルバイト以外経験がなくても求人を紹介してくれる。ただし、あまり仕事の選り好みはできない。「この条件なら正社員じゃなくても良いな・・・」というのが結構あった。面接も断りづらく、あなたでも応募できるんだよ、というプレッシャーも感じた。求人数は多いけどほとんどが中小企業。

20代女性・営業
ハタラクティブの窓口自体が東京にしかないからか、求人も都内の案件が中心。長野県に住んでいるため、希望の案件はみつからなかった。東京の案件も中小企業が中心で、選り好みする人には向いていないのかもしれない。

アドバイザーの対応にばらつき(どのエージェントも比較的あること)

キャリアアドバイザーの丁寧な対応に定評があるハタラクティブでも人の相性の問題は一定数出ています。

そんな時はまず担当にどのようにしてほしいか自分の希望をはっきり伝えるようにしましょう。

もし、それでも改善されない場合はキャリアアドバイザーの変更の申し出や別の転職エージェントを利用しておき、メインとして使用する転職エージェントを変更するようにしましょう。

裏付けとなる口コミ
匿名
担当者の方からご連絡と一緒に部署が変わるので担当者が変わると言う報告があったのですが、担当者交代くらいならどこの会社にもあると思います。次の担当者から連絡があるので、お待ち下さいと言われてから、3ヶ月たちますが、今だに連絡はありません。どういう事なのでしょうか?

こんな人におすすめ!ハタラクティブとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、ハタラクティブがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

思考派の若者層、その中でも一都三県・大阪で転職希望の既卒・フリーター・第二新卒の方にマッチする転職エージェントです。

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|ハタラクティブの効果的な利用方法
ハタラクティブは既卒・フリーター・第二新卒の未経験歓迎の求人を多く紹介してくれますが、紹介求人数が多くありません。

そこで、ハタラクティブにマッチする方の併用転職エージェント戦略の一例を紹介します。

まずは求人の候補を増やすこととキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険として、業界最大級の保有求人数を誇るリクルートエージェント、DODA、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントの4社を併用しましょう。

上記4社が求人を紹介してくれない場合は後述する既卒・フリーター・第二新卒向けの転職エージェントに登録するようにしましょう。

また、転職したい業界がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。

上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

 

転職
エージェント

特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

未経験者サポートサービス ー既卒・フリーター・第二新卒向け転職エージェントー

ハタラクティブ以外にも既卒・フリーター・第二新卒向け転職エージェントは存在します。

既卒・フリーター・第二新卒向け転職エージェントの求人数と特徴をまとめました。

併用エージェントとしてぜひ参考にしてみてください。

転職
エージェント

求人数

特徴 
8000件以上 リクルート運営、100%訪問取材した企業の求人だけを紹介
書類選考がなく、受ければ必ず面接まで進める求人多数あり
早く正社員として就職したい人におすすめ!
3000件以上 20代限定サービス、正社員就職した既卒・第二新卒者は10,000名以上
ベンチャー企業〜中小企業が多く、いわゆる大手企業は少なめ
ブラッシュアップインターン制度(30日希望先での就労体験)あり
3000件以上 採用実績14000人、就職率80.3%、定着率94.3%の実績あり!
体育会系研修により基本を鍛える営業系を目指す人の登竜門
研修が大変な分、やり遂げれば歴にハンデがあっても、正社員狙える
2000件以上 採用実績5000人、就職率96%、離職率3%という高精度マッチング
丁寧なカウンセリングとマッチング重視の優良求人紹介
書類選考なしで面接へ選考を進めることが可能

500件以上

内定率83%、定着率93%という実績あり!
他社の10倍時間をかける、圧倒的に親身なサポート
離職率の高いブラック企業は紹介しないことがポリシー

ハタラクティブでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

転職者と直接かかわるハタラクティブのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

ハタラクティブのキャリアアドバイザーは丁寧で優しいサポートをしてくれる方が多いようです。

裏付けとなる口コミ
20代男性・SE
とても良い担当者でした。面接対策や履歴書の添削やアドバイスがとても有意義でした。新卒向けサービスをやってくれていたら良かったと思いました(就活塾みたいな)。就職活動よりも楽にすすめることができ、利用して良かったです。

キャリアアドバイザーの経歴

ハタラクティブの公式HPで紹介されているキャリアアドバイザーの経歴を確認すると別の企業営業からキャリアアドバイザーになった転職経験者や国家資格であるキャリアコンサルタントを取得している方が在籍していました。

ハタラクティブ内にはしっかりとした専門知識のあるキャリアアドバイザーや転職者の気持ちを自身の経験からも感じ取りサポートをしてくれるキャリアアドバイザーが在籍しているようです。

キャリアアドバイザーの対応・評判

ハタラクティブのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、親身になって話を聞いてくれ、丁寧に時間をかけしっかりと対応してくれるというものでした。

その中でも特に”言われた通りに進めば余計なことは考えなくていい”、”質問リストを送ってくれたり、履歴書を採点してくれたり、任せっきりで転職をすすめることができる”など手厚いサポートに関する口コミが目立ちました。

裏付けとなる口コミ
20代女性・事務
質問リストを送ってくれたり、履歴書を採点してくれたり、任せっきりで転職をすすめることができてよかった。最後は採点してくれた自己PRを暗記して面接にいきました。面接にもコツがあるので、20代で転職したい人は相談して教えてもらうことをおすすめします。

ハタラクティブの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

ハタラクティブを利用し、転職を成功させるまでの流れを紹介します。

登録から内定まで大きく4つのステップがあります。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。 

現在の状況、卒業年、就職(転職)希望時期、名前、性別、誕生年、希望勤務地携帯番号、メールアドレス

3分程度で登録することが出来ます。

また、面談時職務経歴書や履歴書を持参するとよりスムーズにカウンセリングを進めることができます。

職務経歴書の書き方についてはハタラクティブが詳細を記載したページが既にあります。リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。(職務経歴書書き方参考

|個別相談、求人紹介
ハタラクティブのオフィスにてキャリアアドバイザーとの個別相談を行い、自分の希望の詳細を伝え求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。

不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整やスケジュール管理を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

アフターフォローとして転職後もキャリア形成などの悩みについて気軽に相談できます。

プロの目線で意見を貰える良きパートナーとして築き上げた関係を大切にしていきましょう。

もし、合わないと感じたら -ハタラクティブの退会方法-

実際にハタラクティブを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。ハタラクティブの退会はハタラクティブサイト内退会フォームに必要事項を入力することで実施できます。

必要情報は電話番号、メールアドレス、退会理由の3つになります。

まとめ

ハタラクティブの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

ハタラクティブにマッチする人は思考派の若者層、その中でも一都三県・大阪で転職希望の既卒・フリーター・第二新卒の方です。

また、ハタラクティブをより効果的に使うためには用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

はじめに求人の候補を増やすこととキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険として、業界最大級の保有求人数を誇るリクルートエージェント、DODA、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントの4社に登録し紹介求人を確認する。

それでも求人数が少ない場合、既卒・フリーター・第二新卒特化型転職エージェントを利用するようにしましょう。

思考派の若者層の方でしたら、その中でもパソナキャリアやマイナビエージェントとの親和性が高いと思います。併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に。
やりたいことをやる人生を実現するためは強い意志と、周囲のニーズや興味の把握した戦略的行動の2つをバランスよく持つことが必要です。

自分の理想の実現のために既存サービスである転職エージェントを上手に使い、あなた自身の市場価値をさらに大きくするチャンスを掴んでください。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/hataractive/

ワークポートの評判・口コミから分かった真実|本当にマッチする人とは?

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通する点は自分の希望にマッチしていること。

しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。

もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。

そこで、このページではワークポートの特徴・強みを整理し、「ワークポート」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
ワークポートの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
ワークポートにマッチする人はどんな人で自分に合うか、どのようにワークポートを使えば効果的か(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

良質な求人の本質 -これからのホワイト企業の基準とは-

ホワイト企業と聞いてどんな企業を思い浮かべるでしょうか。

給与が周りと比べて高い、安定しており、残業時間が少なく、福利厚生が充実していることでしょうか。

新卒の学生がホワイト企業であると見分ける判断基準として用いるのが3年以内の離職率であることは有名です。

3年以内の離職率は確かに人を大切にする企業とそうでない企業を見分ける一つの指標となりますが、それはあからさまなブラック企業を回避する方法でしかありません。

このように、実際ホワイト企業とはどんな企業なのかとても曖昧なのです。

そこで、もしあなたがホワイト企業とはどんな会社かという基準を主観的に考えたとすると、ホワイト企業とは働く人の「やりがい」「働きやすさ」の両方がある企業ということに行きつくのではないかと思います。

この中で「やりがい」は自己分析を行い整理することで、ある程度自分でコントロールすることが可能です。

つまり、あなたがホワイト企業で働きたい場合に企業選びで確認すべきことは「働きやすさ」です。

これまで「働きやすさ」を判断する基準が福利厚生の充実であるという考え方が一般的でした。

しかし、少子高齢化が急激に進み、企業はより少ない人数で大きな成果を出すことを目指さなければならない状況に陥っている日本では、この基準だけでは少々不十分です。

現代の一人一人がクリエイティブに大きな成果を出さなくてはいけない時代に合わせて「働きやすさ」を突き詰めると見えてくる基準、それが「多様性」です。

昨今はダイバーシティ経営とも呼ばれているこの経営方針は数年前から経済産業省も推進しています。

ダイバーシティ経営を取り入れる企業は組織を変化に強くクリエイティブにし生み出せる価値をさらに大きくするという目的のもと多様な人材を集めています。

その過程で様々なライフスタイルを受容する企業文化が根付き、より個人が働きやすい環境が整備されています。

この「多様性」という考え方も踏まえてホワイト企業を選ぶための方法として評価機関が主催する賞の受賞歴が参考になります。

たとえば、「日本でいちばん大切にしたい会社」、「ホワイト企業大賞」、経済産業省が主催している「ダイバーシティ経営企業100選」、「なでしこ銘柄」などです。

「やりがい」「働きやすさ」「多様性」3つの基準を上手に使い、ホワイト企業を見分け自分の働く環境を整えることによってあなたの生活をより充実したものにかえることが出来ることでしょう。

転職の定石 -エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

ワークポート総評 –IT・Web・ゲーム業界希望の若者層にマッチ

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


また、口コミ・評判からワークポートのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、行動派の若者層、その中でも特にIT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の方にマッチする転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

ワークポートってどんな会社? ー実績と評価理由ー

ワークポートは、全国9箇所に拠点を構えており、取り扱い求人件数は30,000以上、DODA Valuable Award2017やGOOD AGENT RANKINGで転職決定人数No1に輝いた実力派転職エージェントです。

ワークポートが利用者から高い評価を得ている理由はキャリアアドバイザーの的確なサポートと独自のマッチングシステムによる精度の高い求人紹介にあります。

裏付けとなる口コミ
27歳女性・web広告代理店
年収450万円台
業界に詳しいコンシェルジュによる求人紹介と選考対策が秀逸でした。転職ではワークポートと他3社を使っていましたが、ワークポートの良い点は・マッチした求人を紹介してくれる・コンシェルジュが業界に詳しい・実践的な面接対策ができるの3点でした。IT業界の転職に強いだけあると感じました。

これからのワークポート ー事業戦略とビジョンー

ワークポートは2003年の創業から10年間「IT」×「人材」をキーワードに、ITビジネス分野に専門特化した採用支援を行ってきた会社です。

しかし、あらゆる領域における人材不足の社会問題化を受け、2014年から多くの雇用の創出を実現するためにITビジネス分野に限らない総合人材紹介・転職エージェントへと事業の方針を変更しました。

このように、IT特化型転職エージェントだった背景を持つワークポートは他社と比べ現在もIT関連の求人には強みを保ちつつ、様々な分野の人材採用を支援する今注目の転職エージェントとなっています。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

ワークポートで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

ワークポートの紹介求人

ワークポートの公開求人をもとに調査した業界別求人比率は以下の通りです。

IT・通信系求人が全体の48.3%と特に多いことが分かります。

さらに、IT・通信系以外の業界の求人でも社内エンジニア募集のものが多く見られました。

現在一般的には以下の図の通りIT・通信系の求人倍率は平均の2倍以上という市場状況にあり、そもそもの求人数が多いのは事実です。

しかし、取り扱い求人の半数以上がIT・通信系である転職エージェントは稀であることから、ワークポートは間違いなくIT・通信系での転職を考える人が利用すべき転職エージェントと言えます。

ワークポートのサポート内容


この中でも特に役に立つのが”応募書類サポート”と”面接対策”です。

応募書類サポートでは、履歴書や職務経歴書の丁寧な添削はもちろんのこと、個別面談で具体的になったあなたの強みがより企業に伝わるよう推薦状を提出してくれます。

面接対策では、それぞれの企業で求める人物像に対し、営業担当が企業の採用担当者から直接得たリアルな情報や過去の内定者の特徴をもとにキャリアアドバイザーが応募企業に合った面接の傾向や対策を行います。

このように書類選考と面接の対策をきっちりと行いうことで、転職者が不安なく選考に望めるように全力でサポートしてくれます。

裏付けとなる口コミ
40歳男性・プリセールス
年収700万円台
必要なこと以上のことをしてくれたので満足。面接や書類選考ではサンプルを見せてもらって過去の動向も教えてくれた。おかげですいすい転職活動が進んだ。

ワークポートの4つの良い評判(メリット)

ここでは実際にワークポートを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるワークポートのメリットは以下の4つです。

  • IT・Web・ゲーム業界に強い
  • 連絡や対応が非常に速くサポート力が高い
  • 独自のセミナーやプログラミング教室あり
  • フリーター・高卒など応募者の経歴は問わない

これらの評判について1つずつ確認していきます。

IT・Web・ゲーム業界に強い

ワークポートは2003年から2014年まで10年間、IT・Web・ゲーム関連専門の転職エージェントとして事業を運営し、総合型転職エージェントに事業を拡大してきました。

IT・Web・ゲーム関連特化型から総合型への事業運営の背景もあり、現在でも所有している求人の約50%がIT・Web・ゲーム関連の求人になっており、IT・Web・ゲーム関連企業との信頼関係はとても強固です。

そのため、ワークポートだけに求人を出す企業も存在し、書類選考免除・面接確約という有利な状況で選考を受けられることもあります。

このような理由から、IT・Web・ゲーム関連の優良企業へ転職の可能性がグンと上がるのです。

裏付けとなる口コミ
26男性・フロントエンジニア
年収400万円台
スピード感とマッチした求人紹介が良かったエンジニアの転職に強いと評判だったので利用してみました。実際、評判通り自分の求める条件の求人をどんどん紹介してくれました。スピード感もあるので早く転職したい方におすすめです。

連絡や対応が非常に速くサポート力が高い

ワークポートは面接日程の連絡や求人紹介などさまざまな業務を迅速にこなしてくれます。

これはワークポートが長年培った実績から生まれる企業との信頼関係によるものです。

強固な信頼関係があるからこそ、積極的なアプローチや質問対応が可能になり、あなたの欲しい情報をすぐに提供することが出来るのです。

また、キャリアアドバイザーの業界への知識も非常に高く「この会社は3年前からこういった人材が採用されていて」「この会社は社長がエンジニア出身でラボみたいな雰囲気で」などより具体的な企業の情報を教えてくれるため、書類作成や面接対策が非常にスムーズに進みます。

裏付けとなる口コミ
32歳男性・セキュリテイエンジニア
年収700万円台
思ったより早く転職活動を終えることができましたが、それは担当者がかなりの数の求人を紹介してくれたところと、連絡の速さによると思っています。企業からの返信も早かったので、企業担当の営業さんとの連携もしっかりと取れているのだと感じました。

独自のセミナーやプログラミング教室あり

ワークポートは転職者向けに合同説明会や面接対策セミナーなどを無料で開催しています。

この中でも特に注目すべきなのが、未経験者がエンジニアとして働けるようにプログラミングなどの業務の基礎を無料で学べるエンジニアスクール「みんスク」です。

「みんスク」ではエンジニアとして業務を行うための基本スキルの習得からキャリア相談、書類添削、面接対策など選考の対策まで総合的にサポートしてくれます。

転職決定人数No1という実績は、このような未経験者に向けた手厚いサポートとIT・Web・ゲーム関連への太いパイプがあるからこそ実現可能なのです。

裏付けとなる口コミ
24歳男性・金融
年収300万円台
今まで大学の授業でjavaを取っていたくらいしかプログラミングの経験がなく、未経験で転職できたとしても転職後についていけるか不安でした。でも、タダでプログラミングを学び放題だったのでjavaだけでなくhtmlやcssなどの基礎も習得することができ、志望していた企業のエンジニアとして働けることが決まりました。今は研修中ですが、みんスクで習ったことが役立っているので今後の業務が楽しみです。


27歳女性・ネットワークエンジニア
年収600万円台
あまり話すのが得意でなく、就活のときも面接は大の苦手だったので、面接のテクニックをセミナーでレクチャーしてくれたのはかなり本番で役立ったので良かったです。コンシェルジュの方が面接前に選考のポイントをチャットでまとめて送ってくれたのと合わさって、結果的に内定も3社いただくことができました。

フリーター・高卒など応募者の経歴は問わない

ワークポートの利用者の声で多く見られたのが「登録を拒否されない」という評判でした。

転職エージェントも事業として行っているため企業が欲しがらなそうな人材にたいしては「紹介できる求人はありませんでした」と断りの連絡を入れてくることもあります。

しかし、ワークポートは学歴関係なく応募できる求人を多数所有しており、あなたの人柄を売り込む営業力に優れているため登録を拒否することなく求人を紹介することが出来るのです。

裏付けとなる口コミ
28歳女性・フリーター
年収200万円台
高卒でフリーターで、これからが心配になり、未経験でも活躍できるIT企業に転職を目指そうとこちらを利用しました。今まで定職についたことなく、飲食のウェイターしか経験なかったのですが、コンシェルジュの方は私の行動力と考えを評価してくれて企業にも推薦書を書いてくれました。「え、ここまでやってくれるの!?」て感じでした。フリーターを脱出して正社員としてエンジニアデビューできたので大満足です。人間やればできるんだなぁと感じました(笑)


32歳男性・派遣
年収300万円台
高卒で正社員じゃないため、3社に登録を拒否されて劣等感で絶望していましたが、ワークポートはすぐに面談をしてもらえて求人も紹介してくれ、こんな低スペック中年に対しても丁寧にサポートしてくれました。なんも取り柄もないと思ってましたが正社員として希望の転職が実現できたのはワークポートのおかげです。

ワークポートの3つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にワークポートを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるワークポートのデメリットは以下の3つです。

  • IT・Web・ゲーム業界以外は弱い
  • 紹介求人が量重視で厳選されていない場あり
  • アドバイザーの対応にばらつき(どのエージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

IT・Web・ゲーム業界以外は弱い

ワークポートは2014年から総合型転職エージェントになったため他社の転職エージェントと比較するとIT・Web・ゲーム業界以外の求人、特に小売り、メーカー、外資系企業などに関してはまだまだ取扱数が多くありません。

もし、IT・Web・ゲーム業界以外の求人情報も確認して転職活動を進めたい方はリクルートエージェント、DODA、パソナキャリアなど他の転職エージェントを併用し求人数を増やすことをおすすめします。

裏付けとなる口コミ
33歳男性・土木設計
年収450万円台
自分が思っていたような求人は紹介されなかったので、他社の紹介会社を利用して転職を決めました。対応も迅速でコンシェルジュの方も丁寧にしてくれただけあって、求人の少なさはもったいないと思いました。

紹介求人が量重視で厳選されていない場合あり

ワークポートはキャリアアドバイザーが厳選した選りすぐりの求人に応募するのではなく、希望に沿う可能性のある求人を多く紹介してもらい、その中からあなた自身が応募する求人を決め選考を受けるという方針を取っています。

そのため条件を具体的にせずに、「色々な企業を見て判断したい」などの希望を出すと何十件もの求人を紹介されることがあります。

この対策として、自分自身が転職で大切にしたい軸を面談などを通して早期に具体的にし、自分の希望に対して精度の高い求人を紹介してもらえるようキャリアアドバイザーにはっきりと条件を伝えるようにしましょう。

裏付けとなる口コミ
32歳男性・アカウントプランナー
年収700万円台
他の紹介会社が15件程度なのに対し、ワークポートは一気に152件もの求人を紹介してきたのはびっくりしました。希望に合った求人も多くあったのですが、「おや?」と思うような微妙な求人や希望に合わない求人もいくつかありました。

アドバイザーの対応にばらつき(どのエージェントも比較的あること)

キャリアアドバイザーの丁寧でテキパキとした対応に定評があるワークポートでも人の相性の問題は一定数出ています。

サポートをしてくれるキャリアアドバイザーが効率的に転職者のサポートを進めようとしている態度が事務的に感じたり、逆に丁寧に対応しよう、早く内定を決めてもらおうという思いから密な連絡を取ってくる態度が適切でなく不快に感じてしまう利用者の方もいるようです。

そんな時はまず担当にどのようにしてほしいか自分の希望をはっきり伝えるようにしましょう。

もし、それでも改善されない場合はキャリアアドバイザーの変更の申し出や別の転職エージェントを利用しておき、メインとして使用する転職エージェントを変更するようにしましょう。

裏付けとなる口コミ
27歳男性・WEBマーケティング
年収700万円台
日中は電話に出れるタイミングが少ないのにも関わらず、しつこいほど「今内定された企業の志望度はどうですか?」「いつまでに決められそうですか?」と電話をかけてきました。結果的に転職が決まったので気にするまでのことではなかったと思いますが、ちょっと強引さは感じてしまいました。


29歳女性・事務職
年収300万円台
私はやりやすかったのですが、コンシェルジュという割にはサポートがあまり期待できませんでした。なので、私の場合は求人紹介マシーンとして活用していました。

こんな人におすすめ! ワークポートとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、ワークポートがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

行動派の若者層、その中でも特にIT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の方にマッチする転職エージェントです。

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|ワークポートの効果的な利用方法
自分の転職の軸をはっきりさせ、目的を持って複数の転職エージェントを利用し、求人情報を得ることでより効果的に転職を進めることが可能です。

ワークポートは多くの求人から自分の希望の企業を選別する必要があるため、転職の軸、判断基準の具体化が特に重要な転職エージェントになります。

ここで、ワークポートにマッチする方の転職エージェント利用戦略の一例を紹介します。

自分の軸がはっきりしていない方やもう少し深堀したいと感じた方は、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントを併用しプロの意見も取り入れながら明確な基準を作ることをおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、ワークポートの他に、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてリクルートエージェント、DODAを併用することをおすすめします。

また、既に自身の軸がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。

上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。

IT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の方はGeeklyやレバテックキャリアなどのIT特化型転職エージェントが特にマッチすると思います。

併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

 

転職
エージェント

特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

ワークポートでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

転職者と直接かかわるワークポートのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。

口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

ワークポートのキャリアアドバイザーはテキパキと効率的にスピード感を持って紹介できる求人をしっかりと出してくれるような人が多いようです。

裏付けとなる口コミ
29歳男性・ソーシャルゲーム
開発年収700万円台
ビジネスライクで機械的な対応は向き不向きがありそう良かった点は自分の条件通りの求人をたくさん紹介してくれたことです。悪かった点としては事務的なところです。スピーディーにどんどん求人の数を打って受けていく形式だったので、じっくり自分のペースで転職活動したい方には向いていないかもしれません。

キャリアアドバイザーの対応・評判

ワークポートのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、丁寧に話を聞いてくれる、スピード感ある対応をしてくれるなど効率的に対応してくれるというものでした。

その中でも特に面接前後のフォローがしっかりしており、”キャリアアドバイザーに励ましてもらい、自信が持てたからこそ転職が成功した”という口コミが目立ちました。

裏付けとなる口コミ
49歳男性・派遣年収
450万円台
高卒40代派遣社員のおっさんの自分が50を手前に正社員として転職できるとは思ってませんでした。いままで幾多の転職エージェントにサポートを拒否されましたが、ワークポートは嫌な顔一つせずに親身にサポートしてくれました。面接前には電話で励ましてくれたりポイントをおさらいしてくれたのが個人的には非常に助かりました。

h2 ワークポートの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

ワークポートを利用し、転職を成功させるまでの流れを紹介します。

登録から内定まで大きく4つのステップがあります。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。 

氏名、性別、生年月日、連絡先メールアドレス、勤務希望地、希望職種

1分程度で登録することが出来ます。

また、登録後職務経歴書を事前にアップロードしておくと個別面談時、書類添削まで実施しておらえよりスムーズに転職活動を進められます。

他の転職エージェントでは面談前にアップロードする必要がありますが、ワークポートでは面談後でも構わないようです。

職務経歴書の書き方についてはワークポートが詳細を記載したページが既にあります。

リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。(職務経歴書書き方参考)

|個別相談、求人紹介
ワークポートのオフィスにてキャリアアドバイザーとの個別相談を行い、自分の希望の詳細を伝え求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整やスケジュール管理を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

アフターフォローとして転職後もキャリア形成などの悩みについて気軽に相談できます。

プロの目線で意見を貰える良きパートナーとして築き上げた関係を大切にしていきましょう。

もし、合わないと感じたら -ワークポートの退会方法-

実際にワークポートを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。

ワークポートの退会は担当のキャリアアドバイザーへの電話連絡かHPのお問い合わせへ退会希望連絡することで申請出来ます。

お問い合わせフォームへの記入例は以下通りなので参考にしてみてください。

まとめ

ワークポートの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

ワークポートにマッチする人は行動派の若者層、その中でも特にIT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の方にマッチする転職エージェントです。


また、ワークポートをより効果的に使うためには用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

自分の軸がはっきりしていない方やもう少し深堀したいと感じた方は、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントを併用しプロの意見も取り入れながら明確な基準を作ることをおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、ワークポートの他に、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてリクルートエージェント、DODAを併用することをおすすめします。

行動派の方でしたら、その中でもDODAとの親和性が高いと思います。併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に。
未経験でも1からスキルを身に着ける機会があり、多くのIT関連企業と太いパイプがあるワークポートはIT・Web・ゲーム関連企業への転職希望者の方にとって、効果的な転職エージェントと言えるでしょう。

ブラック企業が多いと言われるIT業界で自分の軸をはっきりさせながらもキャリアアドバイザーに企業の内情を聞き「多様性」を受け入れる環境があるかどうか識別できれば、個々のの強みを活かし合いながらも自分の能力を成長させ、あなた自身の市場価値をさらに大きくするチャンスにもつながることでしょう。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/workport/

dodaの評判・口コミ徹底分析|検証から分かったマッチする人

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。

しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。

もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。

dodaは利用者満足度90%、全国に拠点を持ち、求人件数は120,000以上、年間18,000人の転職者のサポートを行っているという実績を持つ業界No.2のパーソルホールディングスが運営する転職エージェントです。

しかし、dodaの対応があなたに本当にマッチするかは実績とはまた別の問題になってくるのです。

そこで、このページではdodaの特徴・強みを整理し、「doda」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

続きを読む