DODAの評判・口コミ徹底分析|検証から分かったマッチする人

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。

しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。

もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。

そこで、このページではDODAの特徴・強みを整理し、「DODA」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
DODAの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
DODAにマッチする人はどんな人で自分に合うか、どのようにDODAを使えば効果的か(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

自分のスキルを活かす-即戦力採用でのキャリア戦略-

転職活動で最も気になる部分は転職先の職場で活躍できるかどうかではないでしょうか。

いくら年収や勤務先が希望通りになっても日々の業務で満足感を得られなければ職場への不満は溜まってしまうもの。

そこで、今回は即戦力採用で結果を残し、あなたの価値を一層引き上げるためのノウハウをご紹介します。

即戦力採用のキャリア戦略で最も意識すべき点は以下の2つです。

  1. 経験の棚卸と要素の抽象化
  2. 転職先でのニーズの把握

経験の棚卸と抽象化では、あなたが前職で実施してきた業務に対し、達成するために必要な要素・スキルを具体的にしていきます。

要素・スキルを深堀し、より大きな意味を持つ抽象的な言葉で表現できるようにすることで、あなたのスキルが別の職場でも応用が利く要素によって構成されていることが理解できるはずです。

その後、抽象化した要素・スキルをよりメインの業務で頻繁に良く使う仕事のある企業を探します。

このように転職を進めることによって、転職により今までの身に着けたスキルを活かしながら自分の市場価値を高めることが出来るのです。

例えば、社内や社外に向けた商品のプレゼン営業業務を多くこなしていた方の例が以下の通りです。

このように自分が前職で当たり前に日々行っていた仕事のスキルが、転職先のメイン業務で最も必要な要素であることは大いにありえます。

さらに、見つけ出したスキルを使い、転職先で仕事を行うことで今の職場の何倍もの成果を出すことが可能になり、あなた自身の市場価値をさらに大きくするチャンスにもつながるのです。

経験の棚卸と要素の抽象化、転職先でのニーズの把握、2つの軸を持ち戦略的に行う転職こそ、あなたの価値を高め、生活を豊かにしてくれることでしょう。

転職の定石 -転職エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが可能です。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。

その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

DODA総評 ー転職の軸が明確な全年齢の人にマッチー

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


また、口コミ・評判からDODAのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、行動派の全年齢、その中でも特に女性の方や地方転職希望者の方にマッチする転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

DODAってどんな会社? ー実績と評価理由ー

DODAは利用者満足度90%、全国に拠点を持ち業界No.2のパーソルホールディングスが運営する転職エージェントです。

求人件数は120,000以上、年間18,000人の転職者のサポートを行っているという実績を持っています。

DODAが、上記の高い評価を得ている理由は紹介される求人の質と量、サポートをするキャリアアドバイザーによる書類添削や面接対策などのレベルの高さがあります。

この背景として、業界No2の保有求人と自社開催のセミナーやフェアを積極的に行っていることが挙げられます。

保有求人数が多ければ多いほど転職者の希望に沿った求人を紹介することが可能となります。

さらに、セミナーやフェアで外部に説明するために書類作成や面接の要点をわかりやすく伝えるために研究され、その結果が社内全体に共有されていることからキャリアアドバイザーのレベルが全体的に高くなっているようです。

これからのDODA ー事業戦略とビジョンー

DODAを運営するパーソルグループは、能力や働く意欲があっても就業の機会を得られない女性たちの社会進出を願い、1973年に創業されました。

現在は創業時の思いは受け継がれながらも、事業を通して、”働き手不足”という社会問題解決を大きな目標としています。

これはパーソルグループ自身の調査により、現状のままでは少子高齢化に起因して2025年に労働力が583万人足りなくなるという結果を重く受け止めた結果となります。

これらを解決するために、パーソルグループでは労働人口そのものを増やすために「働く女性を増やす」、「働くシニアを増やす」、「働く外国人を増やす」の3つと、必要な働き手の母数を減らすための「生産性を上げる」の計4つを実現するために国内や海外のM&AやIT関連への投資を積極的に行っています。

女性やシニア層が働きやすい社会インフラを実現するために日々尽力している会社だからこそ、女性やシニア層が満足するようなサービスを受けられる工夫や機会は他社と比べても今後より一層多くなると言えるでしょう。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

DODAで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

DODAの紹介求人

DODAの公開求人件数をもとに調査した業界別求人比率は以下の通りです。

メーカー系の求人が全体の29.8%と特に多いことが分かります。

現在一般的には以下の図の通りIT系の求人倍率が平均の2倍以上という市場状況にある中、DODAは特筆してメーカーの取り扱い求人が高いと言えます。

公開求人のみの調査結果ですがメーカーへの転職を考えている方はぜひ利用すべき転職エージェントであると言えるでしょう。

DODAのサポート内容

DODAによる具体的なサポート内容は以下の6つです。

この中でも特に役に立つのが”面接対策”です。

DODAは多くの転職セミナーやフェアを開催し外部に情報発信を行っているため、面接に関する情報発信を目的とした面接の専門家が社内に在籍しています。

そのため面接や書類作成に関するテクニックについてかなりのレベルのノウハウを所持しているのです。

これらのノウハウを駆使し、面接対策では企業ごと面接官に好印象を与えやすい言葉使いや回答方法をシミュレーションを交えて指導してくれます。

さらに、選考が進むと企業ごと個別の対策として模擬面接を実施してくれます。

それぞれの企業で求める人物像に対し、各企業担当と転職者のサポートをするキャリアアドバイザーが連携して、応募企業に合った面接の傾向や対策を行います。

面接対策をきっちりと行い、転職エージェントにも交渉面でサポートしてもらうことで、転職活動で一番の難関である面接への不安の大部分を取り除くことが出来、自信を持って選考に望めます。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代女性:サービス業
年収500万円台
また、書類選考が通った後、面接の前には丁寧に対策をしてくれました。特に、過去に応募者が質問された内容を教えてくださったり、面接の雰囲気などを教えてくださったりと、実際に役に立つ内容を伝えてくれました。求人紹介がたくさんあるのはもちろんですが、面接のアドバイスが行き届いていたので、自信をもって面接に臨むことができたので、DODAを利用してよかったと思います。

DODAの5つの良い評判(メリット)

ここでは実際にDODAを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるDODAのメリットは以下の5つです。

  • 紹介求人の量が充実
  • 面接対策、書類指導などのレベルが高い
  • U・Iターン対応 ー地方転職にも注力ー
  • 女性向けのサポートあり
  • 独自のITツールやイベントが豊富

これらの評判について1つずつ確認していきます。

紹介求人の量が充実

登録求人件数12万件以上と業界No2であり、3位以下の転職エージェントの倍以上の求人数を保有しています。

さらに、この中にはDODA独占求人も2000件以上含まれています。

このように他社にはない豊富な求人をベースにあなたの希望に合う企業を提案してくれます。

求人の選択肢が多いことは、自分の希望に沿った選択ができる可能性に直結するため重視すべき転職エージェントの指標の1つと言えるでしょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代女性・営業
年収500万円台
DODAでお世話になった方は、私と相性もあっていたのかもしれませんが、とてもいい担当者の方でした。私が希望していたサービス業の営業職の求人を次から次へとどんどん紹介してくれて、30代の女性で転職するのにこんなにたくさん求人があるのかと驚きました。

面接対策、書類指導などのレベルが高い

DODAは多くの転職セミナーやフェアを開催し外部に情報発信を行うため、面接に関する情報発信を目的とした面接の専門家が社内に在籍しているため、面接や書類作成に関するテクニックについてかなりのレベルのノウハウを所持しています。

さらに、他社にない仕組みとしてDODAは転職者をキャリアアドバイザーと企業ごとにいる採用プロジェクト担当の2名体制で転職者をサポートしています。

それぞれの担当について説明します。

キャリアアドバイザーは求人のご紹介、応募書類や面接のアドバイス、日程調整など転職活動全体をサポートしてくれます。

採用プロジェクトは求人情報のご紹介のほか、選考日程の調整、企業の内部情報の提供、応募書類や面接のアドバイスなど企業ごとの細かい情報を提供してくれるのです。

このような体制での丁寧なサポートがあるからこそよりレベルの高い面接対策、書類指導を提供することが出来、有利に転職活動を進めることが出来るのです。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代男性・サービス業
年収400万円台
また、面接の練習もやっていただきました。面接時の質問に対する事前相談にも対応していただき、応募企業に合わせてしっかりと準備することができました。

U・Iターン対応 ー地方転職にも注力ー

生まれ育った地元や今とは違う地域で働くUターン・Iターン。

「両親のそばで暮らしたい」、「生まれ育った街を活性化させたい」などさまざまなニーズに対しても電話での面談を行い積極的にサポートしてくれます。

DODAは国内に丸の内本社他、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡の10拠点があり、全国の転職活動に対応しています。

また、Uターン・Iターンを希望する東京在住の方は希望の地域に行かなくては選考を進めるのは難しいと感じる人もいるかと思いますが、DODAなら東京に支社がある会社や人事担当者がよく東京に来る会社を中心に、東京で転職活動ができるような求人も紹介してくれます。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代女性・営業
年収300万円台
夫の転勤に伴い、地方での転職を希望し、地方での転職に強いとの評判を聞いていたDODAを利用。地方なので自分の求めていた条件の求人があるかどうか不安だったが、面談では13社も紹介されて結果的にそのうちの1社に転職が決まった。

女性向けのサポートあり

DODAは女性の転職にも力を入れており、専用ページを設けています。

そもそも女性の社会進出を願い創業された会社であることも起因し、サイト内では女性のキャリアに関する悩みの解決策やキャリアアップに関する多くのロールモデル情報を積極的に配信しています。

自分のキャリア形成のため、先駆者が築き上げてきたヒントが詳細にのっているのでぜひ活用してみてください。

また、女性が自分らしいキャリア作りを考えるきっかけを目指し、「Woman‘s Career Meeting」というイベントも定期的に開催されています。

このようにDODAは女性目線での転職も積極的に推進するため、女性ならではの基準に合致する優良企業とは何なのかという問いに対する知見を多く蓄えています。

DODAの他にも「女性の転職と言えばパソナ」と言われているほど女性の転職に強いパソナキャリアと併用すれば女性が自分の理想を叶えるより効果的な転職活動を進めることが出来ることでしょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代女性・webデザイナー
年収500万円台
去年婚約し、出産したこともあり、なかなか転職エージェントに登録しても条件に合わない求人ばかりでしたが、DODAは初回の面談で女性の比率や離職率、育休制度まで考慮した上で私にピッタリの求人を50件も紹介してくれました。

独自のITツールやイベントが豊富

DODAは独自のITツールやイベントを豊富に取り揃えています。

イベントでは転職フェアや面接対策セミナーなどを中心に週に3回程度の自社イベントの開催しており積極的に情報を発信しています。

また、DODAには、今後30年の年収推移や適性年収が分かる「年収査定」や自分に合った仕事のスタイルや企業風土が分かる「キャリアタイプ診断」、DODA人気企業ランキング上位300社の合格の可能性が分かる「合格診断」、書類選考なしの面接確約オファーがもらえる「スカウトサービス」など様々な独自のITツールを有しています。

この中でも「キャリアタイプ診断」や「年収査定」は特におすすめです。

自分の価値観と市場価値把握の客観的把握は明確な軸作りにとても役に立つツールだからです。

例えば、年収査定出た適正年収より高い条件のものから優先して受けてみるなど、自分の重視すべきポイントから戦略が立てやすくなります。

これらのセミナーやツールを駆使することでより明確な軸と自信をもって選考に挑むことが出来ます。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代男性・コンサル
年収800万円台
年収査定サービスでは、自分が転職市場でどのあたりの価値があるのか客観的に知ることができて良かったと思う。

DODAの3つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にDODAを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるDODAのデメリットは以下の3つです。

  • 未経験歓迎求人が少ない
  • 紹介求人が厳選されていない場合あり
  • アドバイザーの対応にばらつき(どの転職エージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

未経験歓迎求人が少ない

DODAは12万件以上の求人を保有していますが、未経験OK求人は10%程度しかありません。

これはDODAが採用にコストをかけずに、優柔な人材を企業に紹介する即戦力採用を重視する方針を取っているためです。

DODAはこの方針を取っているからこそ、今までの職務の経験を活かした同業他社への転職に強く高い年収アップ率を有しています。

もし、未経験職への転職をお考えの方はリクルートエージェントなど他の転職エージェントも併用し、紹介求人数を確保するようにしましょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・営業
年収400万円台
リクルートエージェントと比較して、明らかに未経験でも大丈夫な求人が少なかった。ジョブチェンジしたく登録したが、結局リクルートエージェントで希望の求人を見つけ、転職した。

紹介求人が厳選されていない場合あり

口コミの中には、質の低い求人や自分の求める条件に合わないような求人を紹介されたというものがありました。

考えられる原因は以下の2つです。

  1. 自分の希望をキャリアアドバイザーにより具体的に伝えていない。
  2. スカウトサービスなど求人紹介ツールからの求人を見ている

転職活動を始めた当初は多くの求人から選びたいと考え、「幅広く紹介してください」など希望を広くキャリアアドバイザーに伝えている場合求めたレベルの厳選がされていない場合があります。

自分が大切にしたい基準が見つかった時点でキャリアアドバイザーに軸を伝え精度の高い求人を紹介してもらうようにしましょう。

また、スカウトサービスなどのITツール上で紹介される求人は企業側の条件に合致している方全員にオファーが来るなど、特に選別がされていないことが多いためミスマッチが起こりやすいようです。

基本的にはキャリアアドバイザーに紹介してもらう求人の精度を上げ、メインの選考に利用するようにしましょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代女性・生産管理
年収300万円台
多くの求人が来るのはいいことなのですが、だれがどう見てもブラック企業だろといった案件も少なくないので、注意して見分ける必要があります。

アドバイザーの対応にばらつき(どの転職エージェントも比較的あること)

キャリアアドバイザーの中には業界の知識が低い方や対応が多少強引になる方がいるようです。

業界の知識が低い担当が当たってしまう理由としては年間18000人の転職者のサポートを行っている規模の大きさにあります。

サポートする人数が多いためすべての転職希望者に対し、業界専門担当の手が回らず知識の少ないキャリアアドバイザーが担当することが起きてしまうようです。

また、丁寧な対応を信条としているDODAのキャリアアドバイザーからは、積極的に電話やメールなどで連絡が来るため多少強引に感じてしまう方もいるようです。

しかし、DODAの中には業界知識の深いキャリアアドバイザーや配慮が出来る方も多く在籍しています。

よって、どうしてもキャリアアドバイザーの対応が気になる場合は、DODAのキャリアアドバイザー変更申し込みフォームから担当変更してもらうか、他転職エージェントを併用しておき、メインとして利用する転職エージェントを切り替えることをおすすめします。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代男性・建設
年収600万円台
紹介される求人数がとても多く、メールがとてもしつこかったです。すぐに転職したい人には良いかもしれませんが、どんなものがあるのか知りたいレベルの人にはあまりおすすめはできません。

こんな人におすすめ! DODAとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、DODAがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

行動派の全年齢、その中でも特に女性の方や地方転職希望者の方によりマッチする転職エージェントです。

上記の性格と転職転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|DODAの効果的な利用方法
自分の転職の軸をはっきりさせ、目的を持って複数の転職エージェントを利用し、求人情報を得ることでより効果的に転職を進めることが出来ます。

DODAは独自のツールも豊富なため自身の軸づくりにどんどん利用していきましょう。

また、DODAにマッチする方の併用転職エージェント戦略の一例を紹介します。

自分の軸がはっきりしていない方やもう少し深堀したいと感じた方は、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントを併用しプロの意見も取り入れながら明確な基準を作ることをおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、DODAの他に、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてリクルートエージェントを併用することをおすすめします。

また、既に自身の軸がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。

上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。

併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

 

転職
エージェント

特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

 DODAでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

我々転職者と直接かかわるDODAのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

親身になって話を聞いてくれる人や話の中で上手に転職の軸を見つけてくれるプロフェッショナルな人が多いようです。

裏付けとなる口コミ
30代男性・専門商社
年収600万円台
求人の数と担当の方が優しく対応してくれるところが良かったです。数だけに限って言えばリクルートにも匹敵するほどの数になると思います。特に非公開求人が多かったです。担当の方も優しい方が多く、親身になって相談に乗ってくれたりとサポートにも力を入れているように感じました。面接や経歴書の対策なども優しく厳しく対応してくれました。

キャリアアドバイザーの経歴

DODAのHPで紹介されているキャリアアドバイザーおよび採用プロジェクト担当、19名の経歴を調査しました。

データを集計する中で分かったキャリアアドバイザーの経歴を大まかに3タイプに分類したものを以下に記載するので参考にしてください。

キャリアアドバイザーの経歴の3タイプ

  1. 新卒でDODAに入社後様々な業界を経験し、現担当に
  2. 担当の業界で勤務経験のある人物が中途採用でDODAに入社
  3. 人材業界勤務経験者や担当と別の業界(商社等)経験者が中途採用でDODAに入社

これらのデータからDODA内には様々な経験を持つキャリアアドバイザーが在籍していることが分かります。

よって、自分の求めるサポートをしてくれるキャリアアドバイザーはDODA内に必ず在籍しています。

もし、担当者の業界への専門知識やキャリアアドバイザー対応に疑問を感じた方は経歴(業界経験年数、転職経験の有無、企業担当は兼務しているかなど)を確認した上で上記2のタイプの経歴のキャリアアドバイザーに担当変更をお願いするのも良いでしょう。

キャリアアドバイザーの対応・評判

DODAのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、親身になって話を聞いてくれる、現状をしっかりと伝えながらもしっかりと対応してくれるというものでした。

その中でも特に選考後の書類添削や面接対策がしっかりしており、”厳しくもやさしい対応が良かった”、”自信を持って選考に挑めた”という口コミが目立ちました。

裏付けとなる口コミ
20代男性・飲食業
年収200万円台
私としては、20代前半で、第二新卒なので、熱意と意欲さえあればいい会社に就職できるだろうと比較的簡単に考えていました。しかし、インテリジェンスのコンサルタントの方と面談をしたところ、楽観的ではいられない状況だと諭されました。厳しく指摘してくれる中にも優しく接してくれたので、私のことを考えてくれているのだなぁと思いました。

DODAの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

DODAを利用し転職を成功させるまでの流れを紹介します。

登録から内定まで、大きく4つのステップがあります。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。

氏名・性別・生年月日・メールアドレス・電話番号・住所
職務経歴(最終学歴・卒業年月・転職回数・就業状況・勤務先会社名・雇用形態・勤務期間・現在の年収・希望年収・希望勤務地・自由記入・転職理由・職務内容・転職希望時期)
カウンセリング希望拠点・希望日時

職務経歴書を事前に準備しておけば5分程度で登録することが出来ます。

職務経歴書の書き方についてはDODAが詳細を記載したページが既にあります。

リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。
職務経歴書書き方参考   

|個別相談、求人紹介
DODAのオフィスか電話にてキャリアアドバイザーとの個別相談を行い、自分の希望の詳細を伝え求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。

不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整やスケジュール管理を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

アフターフォローとして転職後もキャリア形成などの悩みについて気軽に相談できます。

プロの目線で意見を貰える良きパートナーとして築き上げた関係を大切にしていきましょう。

もし、合わないと感じたら -DODAの退会方法-

実際にDODAを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。DODAの退会はDODA会員専用ページから、以下の手順で申請することが出来ます。

  1. 会員専用ページにログインする
  2. ページ上部の「登録情報設定」ページの一番下にある「退会申請」ボタンをクリックする
  3. アンケートに回答し、「退会する」ボタンをクリックする

まとめ

DODAの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

DODAにマッチする人は行動派の全年齢、その中でも特に女性の方や地方転職希望者の方です。

また、DODAをより効果的に使うためには用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

自分の軸がはっきりしていない方やもう少し深堀したいと感じた方は、より丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントを併用しプロの意見も取り入れながら明確な基準を作ることをおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、DODAの他に、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてリクルートエージェントを併用することをおすすめします。

行動派の方でしたら、その中でもリクルートエージェントとの親和性が高いと思います。併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に。
多くのITツールや丁寧な対応をしてくれるDODAは自分のキャリアを見つめ、組み上げるうえでとても優秀な転職エージェントと言えます。

自分のこれまでの業務で身に着けたスキルの棚卸をしっかりと行い、身に着けたスキルの使用頻度の高い業界を選択することが出来れば、今の職場の何倍もの成果を出すことが可能になります。

転職先で成果が出るようになればあなた自身の市場価値はさらに大きくなり、自己実現に向けたさらに多くのチャンスにも恵まれるようになることでしょう。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/doda-bad-reptation/

リクルートエージェントの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。


しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。


もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の
効率、満足度は大きく下がってしまいます。

そこで、このページではリクルートエージェントの特徴・強みを整理し、「リクルートエージェント」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
リクルートエージェントの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
リクルートエージェントにマッチする人はどんな人で自分に合うか、どのようにリクルートエージェントを使えば効果的か(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

自分で選択していく人生 -勝利は主体的な選択と挑戦する人のもとに-

企業への永久就職が難しくなり、自分でキャリアに責任を持つ必要に迫られる現代において、あなたは自分でキャリア設計を行う場合のポイントをご存知でしょうか?

キャリア設計の重要なポイントの1つは、最初から経営企画やマーケティングのポジションを目指す必要はないということです。

例えば、企業の経営層への転職を目指した際に、若手営業というキャリアから、いきなり大手企業の経営企画部門に入るというのは、少々無理があるでしょう。

この一足飛びにゴールに向かうのが難しい場合に、中間地点となる「キャリアの階段」を作り着実にゴールを目指すことで、実現可能性を飛躍的に高めることができるのです。

これは「夢をあきらめたくないが、家族をはじめとする周囲の人たちのことを考えると、無謀なチャレンジはできない」という中堅層にも同様なことが言えます。

これらを実現する方法として「ハブ・キャリア」という考え方があります。

「ハブ・キャリア」とは、さまざまな業界・職種から入ることが可能で、かつ、さまざまな業界・職種へ転出することが可能な仕事のことです。

「ハブ・キャリア」の代表例は、”コンサルタント”です。

”コンサルタント”は未経験でもポテンシャル採用で入社することが可能です。

さらに、さまざまなプロジェクトを通じて経営課題を解決する高い専門能力を習得できます。

その結果、転職時幅広い業界で重宝され、大手事業会社や成長企業のみならず、投資銀行やファンドなどさまざまな分野に転職しやすくなります。

その他にも「ハブ・キャリア」として考えられるのが”インターネット系キャリア”です。

インターネット業界は、業界そのものが急速に拡大して人材が不足しているため、ネットビジネスの経験がなくても入社できる企業が多くあります。

そんな中、どの業界においても、デジタルマーケティングへの対応が求められ、新規事業を立ち上げる場合、高い確率でインターネットビジネスを検討することになります。

しかし、一般企業の中にはネットビジネスの経験者がほとんどいないため、即戦力となる経験者をインターネット業界から採用せざるを得ません。

よって、ネットビジネスの経験者は業界外に出る際にも幅広い選択肢を持ち、好待遇で迎え入れられています。

このようなキャリア設計のポイントである「キャリアの階段」の考え方を理解し、行動しているか否かで、自分の人生の可能性が大きく変わります。

人材市場において、学歴や資格よりも高く評価される価値は当然ながら専門性、経験なのです。だからこそ、自分が仕事にしたいと思っている分野で経験を重ねることがとても大切なのです。

皆さんも、工夫次第で、安全・着実に、「好きなことで、高い収入を得ながら、社会にインパクトをもたらす」という生き方をつかみ取ることが可能です。

重要なのは、目的設定と実現する方法の知識、そして戦略を立て一歩踏み出す勇気なのです。

転職の定石 -転職エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが可能です。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。

その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

リクルートエージェント総評 ー転職の軸がしっかりしている人にマッチー

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

また、口コミ・評判からリクルートエージェントのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、行動派の全年齢、その中でも自分の転職の軸・判断基準がはっきりしている人によりマッチする転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

リクルートエージェントってどんな会社? ー実績と評価理由ー

リクルートエージェントは利用者満足度96.8%、全国に拠点を持ち業界No.1のリクルートエホールディングスが運営する転職エージェントです。

取引実績企業は13000社以上、求人件数は200,000以上、年収UP率は62.7%、これまで40万人以上の求職者サポートを実施したという実績を持っています。

リクルートエージェントが、上記の高い評価を得ている理由は紹介される求人の質と量、サポートを担当するキャリアアドバイザーによる的確な選考対策指導にあります。

リクルートエージェントの求人数の豊富さを裏付けとして公式HP記載があります。

現在公式HPで公表されている求人数は約23万件であり他の転職エージェントの2倍以上の求人を有していることが分かります。

これからのリクルートエージェント ー事業戦略とビジョンー

リクルートホールディングスは2020年には人材領域において、グループのサービスを通じて就職先や転職先を決定した雇用者総数でグローバルNo.1になること、2030年には販促領域を含めてクライアントとユーザーを結びつけるマッチングプラットフォーム企業グループとして、サービス利用者数でグローバルNo.1になることを長期ビジョンとして掲げています。

これからの3年間(2017年3月期から2019年3月期)においては、国内メディア・人材派遣における収益の着実な成長と海外人材メディアにおける高い成長の継続を目指す計画を実施しています。

世界トップの実績を上げることをビジョンとして掲げるリクルートホールディングスにおいて、国内の転職者へのサービス提供の中核を担うリクルートエージェントのサービスの品質は今後落ちるということはまずないでしょう。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

リクルートエージェントで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

リクルートエージェントの紹介求人

リクルートエージェントの取扱い求人の業界別比率は以下の通りです。

IT・通信関連が全体の28.3%と特に多いことが分かります。

この結果を聞くと、IT・通信業界のみしか良質な求人がないのではないかと疑問に思う方もいるかもしれませんが心配いりません。

転職市場全体の求人倍率を確認すると、IT・通信業界の求人倍率は全体平均の2倍以上あり、転職市場全体としてIT・通信業界の求人は多いことがわかります。

よって、リクルートエージェントは業界に偏らずすべての業界の転職をバランスよく紹介してくれていると判断して良いでしょう。

リクルートエージェントのサポート内容

リクルートエージェントによる具体的なサポート内容は以下の6つです。

この中でも特に役に立つのが面談後の”面接対策”と”企業交渉”です。

面接対策ではまず、セミナーを通してあなたのスキルを底上げしてくれます。

多くの転職者支援を行ってきたリクルートエージェントの経験を活かし、企業ごと面接官に好印象を与えやすいテクニックを指導してくれます。

また、模擬面接ではそれぞれの企業で求める人物像は異なるため、各企業担当と転職者のサポートをするキャリアアドバイザーが連携して、応募企業に合った面接の傾向や対策を行います。

さらに、リクルートエージェントの企業担当はつながりがとても強固であり、場合によっては企業担当が交渉することで一度落ちてしまった面接を再挑戦させてもらった事例もあるようです。

面接対策をきっちりと行い、転職エージェントにも交渉面でサポートしてもらうことで、転職活動で一番の難関である面接への不安の大部分を取り除くことが出来、自信を持って選考に望めます。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・エンジニア
年収500万円台
他の転職エージェントと同時並行でリクルートエージェントを利用していましたが、リクルートエージェントの担当者は群を抜いて優秀だなと感じました。紹介してくれる求人、職務経歴書の添削、面接の対策などの質が高く、やはり最大手転職エージェントは違うなというイメージが強かったです。転職活動は結果として成功しましたが、ほとんどリクルートエージェントの担当者のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

本当にあるの? -リクルートエージェントの社内基準ー

口コミを見ているとリクルートエージェントは社内基準があり、利用者によって優先順位をつけて対応しているという噂を良く聞きます。

書類選考の不合格など、実際の面接を受ける前の選考で不採用が続くと不信感が募るものです。

この不信感は社内基準と呼ばれるものの仕組みを理解することで払拭できます。


転職エージェントでは、一般的に企業担当が企業から求人条件と共に企業内での面接や書類選考のために割ける時間から、おおよその選考人数の依頼を受けます。

その際、書面上に乗っていない細かな企業の希望を担当がヒヤリングすることがあります。その後、企業担当から求人票が社内のデータベースを経由して、多くのキャリアアドバイザーに共有されます。

それを見たキャリアアドバイザーが候補者に求人を案内します。

数日経過すると、企業担当側に、社内のキャリアアドバイザーを通じて、大量の応募者が推薦されてきます。

案件の魅力度にももちろんよりますが、1つの企業の募集に対して、何百件という希望者が集まるケースもあります。

そうすると、そのすべてを企業に書類選考として提出することはできなくなり、企業担当により企業の希望条件を踏まえ人数を絞るスクリーニングが行われます。このスクリーニング工程が俗に言われる”社内基準”というものに該当します。

よって、リクルートエージェントの社内基準というよりは企業側から担当者に伝えられている求人条件の書面に掲載されている以外の細かな条件、基準によって、企業に求人票を紹介する前に担当者によって相対的にスクリーニングがかけられているということになります。

逆に言えば、企業の希望にマッチする人物なら理不尽に社内で落とされることはないと言えます。

自分がどうしても行きたい企業がある場合は、その企業の基準を明確にするべきでしょう。

そのためにも企業担当と面談し情報を得ることが出来ないかキャリアアドバイザーに申し出を行い、企業の希望に沿った自分の強みを書類に記述できるよう行動してみることも良いでしょう。

リクルートエージェントの4つの良い評判(メリット)

ここでは実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるリクルートエージェントのメリットは以下の4つです。

  • 求人の質と量
  • 面接対策など実践的対策が充実
  • 対企業交渉力が高い
  • 独自のサポートツールが充実

これらの評判について1つずつ確認していきます。

求人の質と量

登録求人件数約20万件以上と業界No1の圧倒的件数をベースにあなたの希望に合う企業を提案してくれます。

求人の選択肢が多いことは、自分の希望に沿った選択ができる可能性に直結するため最も重視すべき転職エージェントの指標の1つと言えるでしょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・美容メーカー
年収500万円台
そこまで広い業界でもない上、私事により遠方への引越しを余儀なくされていたため、知人の紹介等も使えず、様々なジャンルの求人を扱っているということに期待。他の求人紹介にもいくつか登録したが、ここは知名度同様、やはり案件数が圧倒的に多い印象をもった。


20代女性・営業
年収450万円台
提出した内容をどんどん掘り下げて、より希望にあった企業を紹介してもらえるだけでなく、面談の中で自分に向いているとエージェントが感じた企業も教えてくれます。

面接対策など実践的対策が充実

面接力対策セミナーや模擬面接など選考対策がとにかく充実しています。

面接力対策セミナーは100名規模2時間のセミナーを東京では毎日開催されています。

セミナーでは基本的な面接のポイントから説得力を持たせる志望動機のポイントやリクルートの膨大なデータから分かった転職成功者の特徴など他社では知ることが出来ないノウハウを知ることが出来ます。

参加して不利益になることはまずないセミナーとなっています。

模擬面接では長年付き合いがあるリクルートエージェントだから知りえる会社の数年前からの質問傾向や業界で面接官に好まれる人物像など独自のデータをベースに的確な指導をしてくれます。

さらに、担当のキャリアアドバイザーは選考に落ちた際も徹底的な原因究明を行い次の選考の糧になる経験として昇華してくれます。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代女性・金融
年収700万円台
書類審査や面接に落ちたら次の案件に応募して!ということはなく、なんで落ちたのかを徹底的に分析してくれました。フィードバックが非常に役立ち、結果的に希望する会社に内定を頂くことができました!ここまでやってくれるのはリクルートエージェントの方だけでしたので、業界最大手は違うなーという印象を受けました。 

対企業交渉力が高い

リクルートエージェントは企業への交渉力も抜群です。

内定に向けた猛プッシュや年収アップ交渉も率先して実施してくれます。

このようなスムーズに企業交渉出来る理由としては業界No1として長年企業の採用活動を支援してきた実績があるからです。

「営業のリクルート」と業界で噂されるほど営業力が高く、求める条件の獲得のために企業に対してどんどん営業をかけてくれます。

結果としてリクルートエージェントの転職者の60%以上が年収アップを成功させています。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代男性・外資
年収800万円台
前職から年収が下がってしまうのを懸念していましたが、内定獲得後に担当者の方が労働条件や年収を人事と交渉してくれて、更に面接では伝えきれなかった自分の長所を伝えてくれました。結果的に年収は初年度で前職よりも90万円ほど上がり、自分の活躍できるポジションで働けています。リクルートエージェントの私を担当してくれた男性のアドバイザーの方には感謝しています。

独自のサポートツールが充実

リクルートエージェントではあなたの転職活動をサポートする独自のITツールも充実しています。

特に重宝するのが「AGENT Report」です。

転職エージェントから見た企業のポイントや自分の希望とどこがマッチしているかなど企業研究や面接での受け答えに役立つリクルートエージェント独自のレポートがまとめられているサービスとなっています。

さらに嬉しいポイントとして個人では分かりにくい働く環境についての情報が必ず記載されているます。転職時の情報ソースとしてどんどん活用するようにしましょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代男性・建設
年収500万円台
アプリやサービスの質はかなり優秀。 アプリで紹介される求人の量も目移りするレベルで数がある。企業情報ページもみればだいたいわかる感じでしっかりと情報の記載がある。

リクルートエージェントの3つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるリクルートエージェントのデメリットは以下の3つです。

  • 細かく、丁寧な対応を受けることが難しい
  • 紹介求人が量重視で厳選されていない場合あり
  • アドバイザーの対応にばらつき(どの転職エージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

細かく、丁寧な対応を受けることが難しい

上記はキャリアアドバイザーが抱える担当者数から生じるようです。

リクルートエージェントは転職成功者だけで年間3万人程度の実績を持ちます。

このデータおよび、リクルートエージェントの社員数が1300名以上、事務や管理職、営業を除き仮に半数の500人体制でサポートを実施していると仮定するとキャリアアドバイザーは少なく見積もっても常に60人は担当を抱えている計算になります。

これはあくまで概算であり、実際は100名以上の担当を抱えているようです。

従って、こちらから行って欲しいサポートやその期限を具体的に指示しておかないと見当違いのレスポンスが帰ってきたり、放置されるなど十分なサポートを受けられない可能性があります。

よって、リクルートエージェントのサポートを十分に受けるためには事前に自分の転職の軸とキャリアアドバイザーに行って欲しいことを具体的にし、しっかりと伝えることが必要になります。

もし、自分一人で的確な指示をすることに自信がない方は丁寧な対応に定評があるパソナキャリアやマイナビエージェントなどを併用し、自分の転職の軸をしっかり固めてもらいましょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・営業
年収250万円台
アクションを起こさないと放置されがち。悪い点とすると、担当者の積極性の無さですかね。こちらから色々と質問したり、アドバイスを促したりする分にはしっかりと対応してくれますが、特にこちらからアクションを起こさない限りはほったらかしにされている印象を強く感じます。

紹介求人が量重視で厳選されていない場合あり

リクルートエージェントの紹介求人はキャリアアドバイザーが厳選したものを紹介というよりは、最初の面談時に提示した条件に少しでも合うものはすべて紹介し転職者に選んでもらうスタンスとなっています。

この求人紹介の理由はリクルートエージェントの方針にあります。

リクルートエージェントは社内の方針として3か月以内で、できるだけ早く転職を成功させることが転職者のメリットになると考え、目標に設定しています。

この3カ月以内の早い転職を達成するためには転職者から多くの企業へアプローチをしてもらう必要があります。

よって、母数を増やす意味で必然的に少しでも条件に合うものは紹介するよう心掛けているようです。

上記方針のリクルートエージェントを上手く活用するには自身でも年収、地域、業種など転職における取捨選択の軸をはっきりさせる必要があります。

もし、譲れない条件が細かく分かってきた場合ははっきりとキャリアアドバイザーに伝えていくようにしましょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・営業
年収300万円台
業種も決めていなかったので、色々な待遇の中から選ぶことができて使いやすかったです!ただ、やっぱり中にはかなり質の悪い紹介先とかも多くあって、しっかりと自分で見定める力がないと、変なとこに転職しちゃうのかな~っていう感じです。

アドバイザーの対応にばらつき(どの転職エージェントも比較的あること)

キャリアアドバイザーの中には業界の知識が低い方や対応が多少強引になる方がいるようです。

その理由は、リクルートエージェントの社風によるものです。

リクルートエージェントは若手が裁量をもち自分の判断で進めることが出来ます。

その過程で業界への理解や細かな対応が雑になってしまうこともあるようです。

どんな人にも裁量を与えるからこそリクルートエージェントは会社として発展していると思いますが、経験の浅いアドバイザーが転職者に負担を与えてしまっては元も子もありません。

そんな時はリクルートエージェントのサポートに連絡して担当変更してもらうか、他転職エージェントを併用しておき、メインとして利用する転職エージェントを切り替えることをおすすめします。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代女性・事務職
年収300万円台
一番驚いたのが、内定した後のクロージングの激しさです。 おそらく初めての転職で私も慎重になりすぎていたのかもしれませんが、少し細かい部分を質問すると『さっき伝えましたよね?』『入社すればすぐわかりますよ』『迷っていたらチャンスは逃げますよ』といった感じで強引に決めさせてきました。 業務内容や、待遇、給与面では申し分なかったので結局そこに決めましたが、あの態度はいかがなものかと思います。 

こんな人におすすめ! リクルートエージェントとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、リクルートエージェントがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派:転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派:専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

行動派の全年齢、自分の転職の軸・判断基準がはっきりしている人によりマッチする転職エージェントです。

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|リクルートエージェントの効果的な利用方法
自分の転職の軸をはっきりさせ、目的を持って複数の転職エージェントを利用し、求人情報を得ることでより効果的に転職を進めることが出来ます。

リクルートエージェントにマッチする方の併用転職エージェント戦略の一例を紹介します。

自分の軸がまだはっきりしていない方は、プロの意見も取り入れながら明確な基準を作るため、丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントの併用をおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、リクルートエージェントをメインにし、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてDODAを併用することをおすすめします。

また、既に自身の軸がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

  転職
エージェント
特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

 リクルートエージェントでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

我々転職者と直接かかわるリクルートエージェントのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

行動力があり、頭の切れる印象の方が多いようです。

裏付けとなる口コミ
20代男性・エンジニア
年収250万円台
キャリアアドバイザーがダントツで優秀他の転職エージェントと同時並行でリクルートエージェントを利用していましたが、リクルートエージェントの担当者は群を抜いて優秀だなと感じました。紹介してくれる求人、職務経歴書の添削、面接の対策などの質が高く、やはり最大手転職エージェントは違うなというイメージが強かったです。

キャリアアドバイザーの経歴

キャリアアドバイザーの経歴を確認してみましょう。

リクルートエージェントHPで紹介されているキャリアアドバイザー、32名の経歴を調査しました。

結果として、自身も転職を経験している中途入社のアドバイザーが84%となっており、転職者の気持ちを自身の経験からも感じ取りサポートをしてくれる方が多いようです。

また、データを集計する中で分かったキャリアアドバイザーの経歴を大まかに4タイプに分類したものを以下に記載するので参考にしてください。


キャリアアドバイザーの経歴の4タイプ

  1. 新卒でリクルートエージェントに入社、専門の業界として現業界を長く担当
  2. 新卒でリクルートエージェントに入社後様々な業界を経験し、現担当に
  3. 担当の業界で勤務経験のある人物が中途採用でリクルートエージェントに入社
  4. 人材業界勤務経験者や担当と別の業界(商社等)経験者が中途採用でリクルートエージェントに入社

これらのデータからリクルートエージェント内には様々な経験を持つキャリアアドバイザーが在籍していることが分かります。

よって、自分の求めるサポートをしてくれるキャリアアドバイザーはリクルートエージェント内に必ず在籍しています。

もし、担当者の業界への専門知識やキャリアアドバイザー対応に疑問を感じた方は経歴(業界経験年数、転職経験の有無、企業担当は兼務しているかなど)を確認した上で上記1や3のタイプの経歴のキャリアアドバイザーに担当変更をお願いするのも良いでしょう。

キャリアアドバイザーの対応・評判

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、転職成功に向け背中を押す行動をしてくれるというものでした。

その中でも特に選考後の改善対策がしっかりしており、”勇気づけられた”、”失敗を次に活かせた”という口コミが目立ちました。

裏付けとなる口コミ
20代男性・IT
年収500万円台
うまくいかなかったことも多かったですが、次もありますよ!と応援してくれただけでなく、つまずいた理由を話すと改善策を提案してくれました。更に、実際に本番で活かせるように個別に面接練習の場を設けてくれました。

20代女性・専門商社
年収400万円台
何社も落ちるので自信を失いかけていました。そんなときにリクルートエージェントのアドバイザーの方は慰めてくれ、自分が転職したときの経験も語ってくれました。転職の辛さはわかります。悩みはなんでも聞いてくださいね!という言葉が救いになり、悩みができたら相談するようになりました。

リクルートエージェントの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

リクルートエージェントを利用し転職を成功させるまでの流れを紹介します。登録から内定まで、大きく4つのステップがあります。

各ステップの利用のポイントを紹介します。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。

転職希望時期、希望勤務地、現在の職種、現在の年収、メールアドレス

氏名・性別・生年月日・電話番号・住所・最終学歴

職務経歴(経験社数、現在の勤務状況、業種、現在の勤務先、雇用形態、在籍期間、語学力、海外赴任経験、資格、職務経歴(300~500文字目安、全角2000字以内)、伝えておきたいこと(150字以内)、当サイトにアクセスしたきっかけ)

職務経歴書を事前に準備しておけば5分程度で登録することが出来ます。

職務経歴書の書き方についてはリクルートエージェントが詳細を記載したページが既にあります。リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。   
職務経歴書書き方参考

|個別面談、求人紹介
リクルートエージェントのオフィスにてキャリアアドバイザーとの個別面談を行い、スキル・キャリアの深掘りや企業に求める条件の深堀りを行い、求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接、AGENT Reportなどをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。

不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

もし、合わないと感じたら -リクルートエージェントの退会方法-

実際にリクルートエージェントを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。

リクルートエージェントの退会はリクルートエージェントサイト内退会フォームに必要事項を入力することで実施できます。

必要情報は氏名、メールアドレス、生年月日、申し込み番号の4つになります。

まとめ

リクルートエージェントの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

リクルートエージェントにマッチする人は行動派の全年齢、その中でも特に自分の転職の軸・判断基準がはっきりしている人です。


また、リクルートエージェントをより効果的に使うために用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

自分の軸がまだはっきりしていない方は、プロの意見も取り入れながら明確な基準を作るために丁寧な対応に定評があるパソナキャリア、マイナビエージェントの併用をおすすめします。

自分の転職に軸がはっきりした方は、リクルートエージェントをメインにし、より多くの求人情報を得ることやキャリアアドバイザーとの相性が悪かった時の保険としてDODAを併用することをおすすめします。

行動派の方でしたら、その中でもDODAとの親和性が高いと思います。併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に。
自分のキャリアについても会社に依存せずに責任を持って決めていくことが必要な時代になりました。

目的と戦略を持って行動すれば、あなたの理想の生活を実現できる環境を必ず見つけることが出来ます。

安全・着実に、「好きなことで、高い収入を得る、社会にインパクトをもたらす仕事をする」という挑戦を続けるという行動から、あなたはとても大きな充実感を得ることでしょう。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/recruit-agent-2ch-reptation/

JACリクルートメントの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。


しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。


もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。


そこで、このページではJACリクルートメントの特徴・強みを整理し、「JACリクルートメント」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
JACリクルートメントの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
JACリクルートメントにマッチする人はどんな人で自分に合うか、どのようにJACリクルートメントを使えば効果的か(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

35歳以上の転職 -ミドル・ハイクラス層がすべきこと-

20代など若者の転職と比較し、ミドル・ハイクラスの転職の難易度はとても高いです。

これはミドル・ハイクラス層に求められることが挑戦など若者の採用理由と異なり、管理や方針決め、会社への短期的な利益など即戦力的な意味合いが強くなるためです。

さらに、ミドル・ハイクラス向けの求人も転職者向け求人全体の20%程度と絶対数が多くないことも要因となっています。

しかし、近年年収700万円以上の「ミドル・エグゼクティブ」層の転職マーケットは年率130%以上で成長しているという市場状況の転機になっています。

「ミドル・エグゼクティブ」層の需要の背景には自社にいない専門家を外から呼びたいという需要や、環境の激しい変化によって短期間で結果を出せる人が求められている、人材の流動化を促したいという国の後押しなどがあります。

これらの求人を出す企業で採用を勝ち取るためには自分の実力を実績をベースにはっきりと説明できる棚卸が必要になります。


高学歴で素晴らしい能力を持っている方でも、棚卸がしっかりと出来ていない状態がいわゆる「大企業病」と呼ばれ、転職活動の成果が著しく下がってしまいます。

「大企業病」について簡単に説明すると、「あなたは管理職、あるいはエグゼクティブとして仕事をしてきたそうですが、それは本当にあなた自身の実力ですか?」と問われた際に答えられない、自分の恵まれた環境に無自覚な状態のことを指しています。

「大企業病」にならないためにも、「ミドル・エグゼクティブ」層の転職では「いかに会社に利益を生み出せたか、長期的に利益を出す仕組みを作れたか」という実績に基づき、客観的な視点での綿密なキャリアの棚卸が必須となります。

ミドル・ハイクラスの転職者は基本的に能力が高く、どの会社でも存分に力を発揮できる人材であり市場価値がとても高く、会社側からすれば高価な買い物となります。

だからこそ、自分自身や転職エージェントの目線を借り、丁寧なスキルと経験の棚卸および適切に相手に自分の強みを伝える工夫がどの年代の転職者より必要となるのです。

転職の定石 -転職エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。

その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

JACリクルートメント総評 -ミドル・ハイキャリア求人希望者にマッチ-

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

また、口コミ・評判からJACリクルートメントのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、思考派の35歳以上の方、ハイキャリア求人や海外勤務可能求人を探している方によりマッチする転職エージェントであることがわかります。詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

JACリクルートメントってどんな会社? ー実績と評価理由ー

JACリクルートメントは利用者満足度92.9%、リクルートエージェント、DODAに続き業界No.3の売上実績を持つ転職エージェントです。

取引実績企業は25,000社以上、求人件数は15,000以上、年間67,000人以上の求職者サポートを実施しています。

これらの実績はJACリクルートメントの質の高い提案力とサポート力によって生み出されています。

これらはキャリアアドバイザーが転職者と企業担当の両方のサポートを兼任する両面性をもった体制によって生まれています。

この体制によってキャリアアドバイザーが企業の採用担当と密にコミュニケーションを取れるため、企業と転職者のマッチングが非常に精度高く行われているのです。

これからのJACリクルートメント ー事業戦略とビジョンー

JACリクルートメントは経営方針として、事業のターゲットを「専門性が高いポジション」「ミドルマネージメントからエグゼクティブポジション」「グローバル関連のポジション」に絞ることを明言しています。

また、それにかなうコンサルティングを重視した体制作りのために、2015年からプロフェッショナルの育成の強化に向け、採用、研修、定着促進のために以下の4つをはじめとする各種施策を進めており、必要に応じてさらなる拡充を図っていく予定となっています。

  1. 採用数の増加に向けた専任チームの設置
  2. 育成力の強化に向けた専任チームの設置と教育プログラムの強化
  3. 定着促進に向けた給与制度の改定
  4. 貢献度の高い社員への自社株交付制度(株式付与 ESOP 信託)の導入

JACリクルートメントは外資系、国際化、グローバル人材をキーワードとして、本来の特長をさらに大きく伸ばしていくことが最も重要であると認識しています。

日系企業にはきめ細やかなサービスで安定した人材供給ができる存在、外資系企業とグローバル企業にはInternational Standardのサービスを国際的に提供できる存在として認知され、「専門性が高いポジション」「ミドルマネージメントからエグゼクティブポジション」「グローバル関連のポジション」の人材分野において、ナンバーワンとなることでグループの価値を高めていこうとしています。

実際にサポートをする国内の人材コンサルタントは2015年から2018年において496名から759名まで増員し、1000人体制実現のため着実に採用を進めています。

このことからもミドル・ハイキャリア層という明確なターゲットに向けたより丁寧でレベルの高いサポートを実施し続けてくれる転職エージェントであることが分かります。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

JACリクルートメントで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

JACリクルートメントの紹介求人

JACリクルートメントの取扱い求人の業界別比率は以下の通りです。

メーカー系求人が全体の45.2%と特に多いことが分かります。

現在一般的には以下の図の通りIT系の求人倍率が平均の2倍以上という市場状況にある中、JACリクルートメントは特筆してメーカーの取り扱い求人が高いと言えます。

公開求人のみの調査結果ですがメーカーへの転職を考えている方はぜひ利用すべき転職エージェントであると言えるでしょう。

JACリクルートメントのサポート内容

JACリクルートメントによる具体的なサポート内容は以下の6つです。

この中でも特に役に立つのが面談後の”書類添削”と”面接対策”です。

通常”書類添削”や”面接対策”それぞれの企業で求める人物像は異なり、対応していくのがとても難しいのですが、JACリクルートメントなら全く心配いりません。

なぜなら、JACリクルートメントのキャリアアドバイザーが企業担当と転職者のサポートを兼任し、企業側とも強固な信頼関係を築いているため、企業の求める人物像や能力を熟知しているからです。

そのため、過去の転職支援の経験から面接通過者の傾向や情報が蓄積され、選考先の企業ごとに想定される質問と回答をシミュレーションし、的確なアドバイスをしてくれます。

これら書類および面接対策をきっちりと行い、キャリアアドバイザーに企業の詳細情報を提供してもらうことで、転職活動で一番の難関である面接への不安の大部分を取り除くことが出来、自信を持って選考に望めます。

裏付けとなる口コミ
30代男性・財務部門
年収850万円台
JACではコンサルタントに知識があるため、条件だけにはとらわれない提案をしてもらえると感じました。さらに、希望する企業側へは「スキル不足でもポテンシャル採用は可能かどうか」など交渉してくれたりもしました。 こういったコンサルタントの力は、転職活動に大きな影響を与えると実感しました。

JACリクルートメントの5つの良い評判(メリット)

ここでは実際にJACリクルートメントを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるJACリクルートメントのメリットは以下の5つです。

  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 書類添削・面接対策などのサポートが的確でハイレベル
  • 対企業交渉力が非常に高い
  • ミドル・ハイクラスの高年収求人に圧倒的強み
  • 外資系や国内企業海外拠点などグローバル求人が豊富

これらの評判について1つずつ確認していきます。

キャリアアドバイザーの質が高い

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは企業情報に詳しく希望通りの求人を厳選して紹介してくれます。

これは他の転職エージェントでは効率を重視し、分業化されている企業担当と転職者のサポートをJACリクルートメントのキャリアアドバイザーが兼任し両面体制を取ることで、企業に対するより深い知識や肌感を持っているからこそ可能となる対応です。

また、電話やメールへのレスポンスの速さも好評でとにかく迅速的確に転職者のサポートを行ってくれます。

これはJACリクルートメントが掲げる「サービスクオリティのお約束」という社内規則を徹底的に厳守しているためです。

こうしたサービスの質を保証する工夫を整備し、転職者の希望に沿った対応が常時できるようにしているからこそ利用者からの高い評価を得ているのです。

裏付けとなる口コミ
30代男性・医療機器メーカー
700万円台
実際の求人紹介では、「生産性の高い仕事」をしていると業界でも評価の高い企業のリストの中から、ターゲットを絞って紹介してもらいました。特に、他社にはなかった非公開求人が多く、最終的に20社以上の非公開求人の紹介がありました。自分では収集することができない多くの情報を得られたこと、そしてはじめからターゲットを絞れたことで効率的に活動を進められ、希望どおりの年収アップ、キャリアアップができました。

20代女性・サービス業
年収600万円台
ぜひ、宜しくお願いしますと返信すると、すぐに電話がかかってきて、カウセリングの日程調整をして下さいました。電話を切るとすぐ、私の希望条件に当てはまった求人を数件、メールにて紹介して頂きました。その速さに驚きました。 面談当日にも、最初に頂いた求人とは別のものを紹介してくださったりと、とにかく対応が早いと感じました。

書類添削・面接対策などのサポートが的確でハイレベル

JACリクルートメントは独自のキャリア棚卸シートを使い転職者のキャリアの洗い出しを行い経歴、強み、ビジョンを整理し、転職の目的を具体的にしてくれます。

この具体化された経歴・強みとキャリアアドバイザーの企業や採用担当の知識をベースにして面接対策や書類添削を行うためかなり具体的で的確なチェックを受けることが可能になります。

また、書類選考・面接後も企業との関係の親密さを活かし、何が良かったのか、何が悪かったのかなど選考結果について企業側からフィードバックを受けられるように取り計らってくれます。

このように転職活動の1つ1つの行動がすべて自身の転職成功に向けた経験にまで昇華されるようにしてくれる丁寧なサポートにより、転職者はより納得のいく成果を得ることが出来るのです。

裏付けとなる口コミ
30代男性・製造業年収
800万円台
職務経歴書をみて直した方がいい箇所を指摘頂けたり、企業別の面接ポイントなどかなり詳細に教えて頂けたりします。模擬面接では改善した方がいい点をチェックしていただきました。


30代男性・製造業
年収750万円台
面接本番には、JACリクルートメントの営業さんが横についてくれる時が多く、後で面接のチェックポイントを指摘してもらえました。このような対応をしてくださったおかげで、登録1ヶ月で3社の内定を頂くことができました。

対企業交渉力が非常に高い

JACリクルートメントは企業担当と転職者のサポートをキャリアアドバイザーが兼任し両面体制を取ることで高い対企業交渉力を有しています。

選考過程では企業情報についての疑問を採用担当に直接ヒヤリングを行ったり、転職者の強みや経験に合わせて企業に推薦状の送付などを実施してくれ企業に積極的にアプローチしてくれます。

また、キャリアアドバイザーは企業の採用担当や社長と直接話をする機会も多いため年収交渉なども取り組みやすく状態にあります。

実際に、企業交渉をお願いすることによって提示年収よりも年収がアップしたという口コミが数多く見られました。

裏付けとなる口コミ
30代男性・総合商社
年収1000万円台
総合商社で働いていましたが、外資系コンサルへの転職を成功させました。面接の段階でも社風や労働条件など気になったところは先方の人事担当者を通してきいてくれたし、入社後に希望する年収も聞いてくれ、先方に交渉してくれました。その結果、転職前は、転職したら年収がガクッと下がると思っていましたが、むしろ30万円程上がりました。

ミドル・ハイクラスの高年収求人に圧倒的強み

JACリクルートメントは35歳以上を対象にしたハイクラス求人を数多く所有しています。

この理由はJACリクルートメントはメインターゲットとしてミドル・ハイキャリア向けの転職支援を行うことを事業戦略としているためです。

そのため、他の転職エージェントでは求人の紹介が難しいと断られたミドル層もJACリクルートメントからは数多くの良質な求人紹介を得られたという口コミが数多く見られました。

実際にJACリクルートメントの年齢別の転職決定者数は全体の70%以上が35歳以上の方で占められています。

裏付けとなる口コミ
30代男性・製造業
年収700万円台
転職活動を開始する時、リクルートエージェントでは年齢(37歳)と転職回数(2回目)という部分だけで、登録いただいても求人を紹介できるか約束出来かねますと言われてしまったのですが、JACリクルートメント は違いました。私の希望する条件や印象、これまでの職歴をきちんと分析した上で、自分に合いそうな企業を紹介いただけます。企業が提示している応募年齢を超えていたとしても、人事担当者にかけあって面接に進めるように話しをつけていただき、コンサルタントの方はとても熱心に対応してくださいました。

外資系や国内企業海外拠点などグローバル求人が豊富

ロンドン発祥の日系転職エージェントであるJACは外資系企業や海外進出企業への転職支援で豊富な実績を重ね海外勤務が可能な求人も7000件以上所有しています。

内容としては海外出張のあるポジションやアジアを中心とした海外勤務の求人が多く、自分の理想に沿って10カ国から選択が可能です。

さらに、JACリクルートメントはグローバル転職支援のノウハウを長年にわたって蓄積しており、英文レジュメ作成についてのアドバイスなど、グローバル転職の支援にも強みを持っています。

裏付けとなる口コミ
40代男性・外資系
年収1400万円台
JACさんを利用して驚いたのは海外案件の豊富さでした。私は外資系メーカーの海外駐在員として12年ほど欧州に駐在した経験があり、今後も海外案件を探していたのですが、JACさんは外資系の会社ということもあると思いますが、海外案件も多く、部長、支社長候補など地位のあるポジションの案件が非常に多かったです。担当の方も私の海外駐在経験を評価してくださり、企業側に推薦してくださいました。結果的に満足のいく転職ができたので感謝しています。

JACリクルートメントの2つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にJACリクルートメントを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるJACリクルートメントのデメリットは以下の2つです。

  • 案件を紹介されない場合あり
  • キャリアアドバイザーの変更が多い

これらの評判について1つずつ確認していきます。

案件を紹介されない場合あり

JACリクルートメントではミドル・ハイキャリア、専門職、グローバルポジション中心の求人をメインとして取り扱っているため企業の出す条件に沿わないと求人を紹介してもらうことができません。

これはJACリクルートメントが企業から依頼される求人の大半が同職種や同業界での年齢に応じた年数の実務経験を要する案件であり、就業経験によって条件を満たさない場合に起こります。

逆に言えば、企業側が欲しがるスキルやキャリアを有している人に求人紹介がない場合はほとんどないと言えます。

HPを確認すると、学歴などには関係なく新卒など職務経験がない場合は求人の紹介を断る場合があるようです。

求人を紹介できないとの案内の後、求人動向が変化し紹介できる求人を獲得できた際に、改めて連絡をくれる可能性はあります。

しかし、直ぐに市場が変化し求人を獲得できる可能性は非常に低いため、求人紹介を断られた場合はリクルートエージェントやDODA、パソナキャリアなど他の転職エージェントの利用をおすすめします。

裏付けとなる口コミ
20代男性・営業
年収300万円台
私の担当コンサルタントは、リクルート出身の女性でした。残念ながら私の希望条件、経歴から、JACリクルートメントで紹介していただける案件はありませんでした。

キャリアアドバイザーの変更が多い

JACリクルートメントはキャリアアドバイザーの変更が多く感じてしまう人もいるようです。

理由としては、JACリクルートメントは企業担当と転職者のサポートをキャリアアドバイザーが兼任し両面体制を取っているため企業ごと担当が存在します。

よって、我々転職者が希望する企業が変わるごとにキャリアアドバイザーが変更になってしまうからです。

裏付けとなる口コミ
20代男性・営業年収
650万円台
これまでの流れで特段不満点をもったことはなかったのですが、突然面識のないコンサルタントから電話とメールにて求人案内があったのが少し戸惑いました。JACから、異業種のコンサルタントから、応募の幅を広げるためにオススメ求人をもって連絡したと説明がありましたが、事前に一言欲しかったです。

こんな人におすすめ! JACリクルートメントとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、JACリクルートメントがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

思考派の35歳以上の方、ハイキャリア求人や海外勤務可能求人を探している方によりマッチする転職エージェントです。

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|JACリクルートメントの効果的な利用方法
自分の転職の軸をはっきりさせ、目的を持って複数の転職エージェントを利用し、求人情報を得ることでより効果的に転職を進めることが出来ます。

JACリクルートメントにマッチする方の併用する転職エージェント戦略の一例を紹介します。

35歳以上の方の転職はこれまでのキャリアを棚卸を行い、自分の軸をはっきりさせることが最重要課題になります。

よって、JACリクルートメントの面談後、さらなる軸の深堀が必要だという方は、丁寧な対応に定評があるパソナキャリアの併用をおすすめします。

JACリクルートメントの面談で自分の転職に軸がはっきりした方は、保有求人数の多いリクルートエージェントやDODAを併用し、自分の転職先の候補を増やすことをおすすめします。

また、軸がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。

上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。

ミドル・ハイキャリア求人希望の方はMichaelPageやBIZREACHも併用する転職エージェントとしておすすめなので候補としてぜひ参考にして下さい。

   エージェント 特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

 JACリクルートメントでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

我々転職者と直接かかわるJACリクルートメントのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

真摯に話を聞き、丁寧で的確な対応をしてくれる方が多いようです。

裏付けとなる口コミ
20代男性・エンジニア
年収700万円台
担当の女性の方は前職が大手メーカーの人事という経歴があり、面接の指導をしてくださるときは、入室からマナーや服装まで細かく丁寧に指導してくださいました。さらに、企業ごとに頻出の質問などを教えてくださり、知識の深さがほかの転職エージェントの方とはレベルが違いました。面接後には電話をくださり、いつも笑顔で支えてくださって励みになりました。結果、無事に紹介してくださった大手企業に内定を頂きました。報告したときは泣いて喜んでくださり、人として魅力的なコンサルタントの方に出会えて大満足です。

キャリアアドバイザーの経歴

キャリアアドバイザーの経歴を確認してみましょう。

リクルートエージェントHPで紹介されているキャリアアドバイザー38名の経歴を調査しました。

結果として、自身も転職を経験している中途入社のアドバイザーが74%となっており、転職者の気持ちを自身の経験からも感じ取りサポートをしてくれる方が多いようです。

また、データを集計する中で分かったキャリアアドバイザーの経歴を大まかに3タイプに分類したものを以下に記載するので参考にしてください。

キャリアアドバイザーの経歴の3タイプ

  1. JACリクルートメントに入社後一貫して担当業界を担当
  2. JACリクルートメントに入社後後様々な業界を経験し、現担当に
  3. JACリクルートメントに入社後、採用やWebマーケティングなど関連業務経験、現担当に

上記タイプの中でも特に1の入社後一貫して同じ業界を専門として担当している方が多く在籍していました。

また、キャリアアドバイザーの中には起業・経営経験者や海外勤務経験者など豊富な経験を持つ方が多数見受けられました。

このようにJACリクルートメントには様々な経験をもつキャリアアドバイザーが在籍しています。

基本的に担当業界を長くサポートしているキャリアアドバイザーが多いため業界への知識やサポートの質は非常に高いと言えます。

キャリアアドバイザーの対応・評判

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、”丁寧に対応してくれる”、”鋭いキャリアの深堀をしてくれる”、”面接対策が的確”など転職者のニーズをしっかりと汲み取り満たすための行動をしてくれるというものでした。

その中でも特に”今後何十年のキャリアを見据えた対応をしてくれる”という口コミが目立ちました。

裏付けとなる口コミ
30代男性・広告代理店営業
年収650万円台
キャリア面談などのサポートが手厚い分、これまでのキャリアの洗出しが大変で、実際に応募するまでには時間がかかってしまったのは事実です。しかし、その過程で今後20年のキャリアを考える上では重要な作業となり、結果として書類選考が通過するなど、フィードバックは効果的だったと思います。 最終的には、無事に希望していた保険会社に転職することができ、給与水準としては業績にもよりますが、以前の倍近くにまで向上しました。

JACリクルートメントの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

JACリクルートメントを利用し転職を成功させるまでの流れを紹介します。登録から内定まで、大きく4つのステップがあります。

各ステップの利用のポイントを紹介します。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。

名前、生年月日、性別、メールアドレス住所、電話番号、直近の年収、直近の経験職種、直近の経験業界職務経歴(郵便番号、都道府県、市区町村以降、携帯電話メールアドレス、最終学歴、現在の勤務状況、転職回数、会社名、勤務期間、役職、雇用形態、経験年数、その他の職歴(アピールポイント:1500文字以内)、語学力、TOEIC、その他の語学、希望勤務地、希望職種、伝えておきたいこと(500文字以内))

職務経歴書を事前に準備しておけば5分程度で登録することが出来ます。

職務経歴書の書き方についてはJACリクルートメントが詳細を記載したページが既にあります。

リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。   

職務経歴書書き方参考 

|個別面談、求人紹介
JACリクルートメントのオフィスにてキャリアアドバイザーとの個別面談を行い、スキル・キャリアの深掘りや企業に求める条件の深堀りを行い、求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。

不安や疑問点などはどんどん相談し、キャリアアドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

もし、合わないと感じたら -JACリクルートメントの退会方法-

実際にJACリクルートメントを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。

退会申請は担当コンサルタント宛もしくは、下記アドレスまで、退会の旨を連絡する必要があります。

申請メールの例を以下に記載するので参考にしてみてください。

退会申請メール例
宛先 キャリアアドバイザー宛 or entry-info@support.jac-recruitment.jp 
件名 退会手続きのお願い
平素より大変お世話になっております。貴社転職サービスを利用している〇〇と申します。
本日はサービスを退会したいと考えご連絡いたしました。貴社退会フォーマットに必要情報を記載したものをお送りいたします。

①氏名: 〇〇 〇〇 
②生年月日 : 〇年〇月〇日
③登録時の電話番号 :〇-〇-〇
④理由(ex.転職先の決定など):求めている求人情報が見つからなかったため。

お忙しいところ恐縮ですが、ご対応よろしくお願いいたします。

まとめ

JACリクルートメントの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

JACリクルートメントにマッチする人は思考派の35歳以上の方、ハイキャリア求人や海外勤務可能求人を探している方です。

また、JACリクルートメントをより効果的に使うためには用途に合わせて他の転職エージェントを登録するべきでしょう。

JACリクルートメントの面談後、さらなる軸の深堀が必要だという方は、丁寧な対応に定評があるパソナキャリアの併用をおすすめします。

JACリクルートメントの面談で自分の転職に軸がはっきりした方は、保有求人数の多いリクルートエージェントやDODAを併用し、自分の転職先の候補を増やすことをおすすめします。

思考派の方でしたら、その中でもパソナキャリアとの親和性が高いと思います。

また、ミドル・ハイクラス求人希望の方はMichaelPageやBIZREACHなどの特化型エージェントも併用する転職エージェントとしておすすめです。

最後に。
丁寧で的確な対応をしてくれるJACリクルートメントは自分のキャリアを見つめ、より良い条件の職場を見つけるうえでとても効果的な転職エージェントと言えるでしょう。

自分自身や転職エージェントの目線を借り、丁寧なスキルと経験の棚卸と適切な自分の強みを伝え方を身に着け転職活動に望めば自分の理想を必ず実現できるはずです。あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/jac-recruitment/

パソナキャリアの評判・口コミ徹底分析|マッチする人とは!?

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。


しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。


もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の
効率、満足度は大きく下がってしまいます。

そこで、このページではパソナキャリアの特徴・強みを整理し、「パソナキャリア」を使うべき、マッチする性格の人を徹底分析しお伝えします。

【この記事でわかること】
パソナキャリアの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
パソナキャリアにマッチする人はどんな人で自分に合うか(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

充実した生活とは!? -転職による自己実現-

総務省労働力調査により発表された2017年度の転職者数は311万人、この数字は2012年度の280万人から5年連続で増加しています。

雇用の流動化が求められる現代社会で転職は自身のキャリア形成のための手段の1つとして定着しつつあります。

この背景には創出すべき価値の変化とワークライフバランスを重視する労働者の意識の変化があります。

求められる価値の変化としては、経済の成熟に伴い、高度経済成長期に求められていた安く・早く・大量に生産された”皆が持っているものを自分も所有する”という価値から情報やアイディアが重視されるクリエイティブなものから”自分に合った利便性のあるものを選ぶ”という価値に変化しています。

労働者の意識の変化としては、会社に所属し社会ニーズを満たし賃金を得るという意識から仕事に加え自分の生活も満足させる環境も求めるというより高度なニーズが生まれてきているのです。

この傾向はNHK放送文化研究所の「日本人意識」調査の結果にも表れています。

労働者の求める報酬意識が変化しているにもかかわらず、フルタイムで働くことや長時間労働をする労働者に対し肯定感を持つ企業風土は根強い。

その結果、旧来の価値観・ライフスタイルに沿った人が働きやすい環境に最適化されている会社が未だに多いのが現状です。

こういった会社の風土は個人ではどうしても変えることが出来ず、有給や育児休暇など当たり前の権利を行使しているのに肩身の狭い思いを感じる人がとても多い現状があります。

しかし、この環境に危機感を感じ、柔軟に対応できるよう変化している会社もあります。

例えば、13時から16時まで、3時間の休憩時間を取る「シエスタ制度」を導入している株式会社ヒューゴや社員の健康を食事面からサポートしようと栄養バランスの取れた食事を社内レストランで提供するヤフー株式会社などです。

つまり、自分がチャンスをつかむために行動を起こせば、最適な働く環境を選び手に入れることが出来るのです。

仕事とは本来自己実現の手段であるべきです。

理想の生活とは何か、個人が大切にするものを軸に必要な環境を選ぶということはとても自然なことです。

あなたが現状より良い未来を目指し、行動していくための指針を具体的にする手段の1つとして企業状況に詳しいプロに相談する伝手を持ち情報を得ることは、自分の可能性を広げる意味でとても有用なのです。

転職の定石 -転職エージェントの利用について-

転職活動は、自分自身ですべてを行っても良いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に彼らは企業と転職者双方が満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。

転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、我々の欲しい情報の収集、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。

その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。

よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

パソナキャリア総評 ー専門家の丁寧フォローを受けたい全ての人にマッチー

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない


また、口コミ・評判からパソナキャリアのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです


上記より、思考派の全年齢、その中でも特に女性や35歳以上のエクゼクティブ層はよりマッチする転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

パソナキャリアってどんな会社? ー実績と評価理由ー

ここではパソナキャリアの基本的な情報をお伝えします。

パソナキャリアは利用者満足度96.8%、全国に94拠点を持ち、人材派遣領域で業界No.2の「パソナ」が運営する転職エージェントです。

取引実績企業は16000社以上、求人件数は52,000以上、年収UP率は67.1%、これまで35万人以上の求職者サポートを実施したという実績を持っています。

パソナキャリアが、上記の高い評価を得ている理由はサポートを担当するキャリアアドバイザー知識の深さや丁寧な対応やパソナの人材紹介部門と連携して集める多様な求人紹介にあります。

キャリアアドバイザーの丁寧な対応を裏付けとして公式HP記載があります。

ひとりあたり平均20時間以上サポートに時間をかけていると公式HPで断言しており、一人一人に時間をかけ丁寧に対応していることが分かります。

これからのパソナキャリア ー事業戦略と社長のビジョンー

2019年5月期事業戦略によるとパソナキャリアは会社としてU・I・Jターンなどによる移住促進事業の推進や地方自治体の行政事務代行の受託などの強化や人生100年時代を見据えたシニア事業の強化を目指しています。

上記を実現するため、地方創生塾を2016年から運営し、たくさんの若者が地方へと移動する、そんな仕組みづくりができないかと考え行動しています。

よって、パソナキャリアは今後さらに地方向けの求人や35歳以上の求人の質がより向上し、充実する転職エージェントになると言えます。

また、代表取締役グループ代表兼社長:南部 靖之氏は自身のブログで以下のようなことを語っています。


私が学生時代にパソナグループを創業した時の願い、それは「格差のない社会」でした。正社員とパートタイムの格差、また同じ正社員でも企業間で格差がある、それをなくしたい。一日4時間働いても、フルタイムで働いても、1時間当たりの給与が同じになる仕組みをつくる。

パソナキャリアの「かかわるすべての人が幸せになる会社を創る」という方針に基づいた丁寧な対応は社長の明確なビジョンンと行動から培われているのです。

実際どんなサポートを受けられる? ーサポート内容詳細ー

パソナキャリアで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

パソナキャリアの紹介求人

パソナキャリアの取り扱い求人の業界別比率は以下の通りです。

IT・通信関連が全体の29.5%と特に多いことが分かります。

この結果を聞くと、IT・通信業界のみしか良質な求人がないのではないかと疑問に思う方もいるかもしれませんが心配いりません。

転職市場全体の求人倍率を確認すると、IT・通信業界の求人倍率は全体平均の2倍以上あり、転職市場全体としてIT・通信業界の求人は多いことがわかります。

よって、パソナキャリアは業界に偏らずすべての業界の転職をバランスよく紹介してくれていると判断して良いでしょう。

パソナキャリアのサポート内容

パソナキャリアによる具体的なサポート内容は以下の6つです。

この中でも特に役に立つのがキャリア相談後の”書類添削”と”面接対策”です。

パソナキャリアはキャリア相談時に経歴や希望を細かく聞き取り、その後本人にマッチする求人を紹介しています。

書類添削では、丁寧な聞き取りを実施し時間をかけるからこそ、パソナキャリアのアドバイザーは本人の強みと企業の求める人物像から書くべきエピソードや企業に響く魅力のあるスキルを具体的に提案してくれます。

面接対策では、多くの転職者支援を行ってきたパソナキャリアの経験を活かし、実際の面接を想定したロールプレイングを実施してくれます。

面接官に好印象を与えやすいテクニックや各企業担当と転職者のサポートをするキャリアアドバイザーが連携して、応募企業に合った面接の傾向や対策を行います。

これらをきっちりと行うことで実際の転職活動で一番の難関である書類選考や面接への不安の大部分を取り除くことが出来、自信を持って選考に望めます。

裏付けとなる使用者の口コミ 
20代男性・エンジニア
年収700万円台
いくつもの面接を同時進行していたので、多少返事が遅れてしまうこともありましたが、アドバイザーは嫌な雰囲気を出さずに対応くださりました。お陰で自分のペースで転職活動が行え、感謝しております。パソナで紹介して頂いた求人で内定も頂く事ができました。今回、パソナの複数のツールを活用して活動を進めたことで、様々な視点から自分と向き合えました。企業からみた自分の評価、面接で聞かれる内容の傾向がわかりました。今後にも役立つので、とても良かったと思います。

20代女性・専門商社
年収300万円台
パソナキャリアは評判に聞いてた通り、何度も面接の練習に付き合ってくれたりとサポートの質の高さは本当でした。無事に内定が決まった後は年収交渉までしてくれ、希望より80万円も高い年収で入社できることになりました。

パソナキャリアの4つの良い評判(メリット)

ここでは実際にパソナキャリアを利用した方の口コミを利用しながらメリットをはっきりさせ、転職エージェントの特徴・強みを具体的にします。

評判からわかるパソナキャリアのメリットは以下の4つです。

  • 求人の質が高い
  • アドバイザーの丁寧な対応、サポートあり
  • 女性の紹介求人に強み
  • エクゼクティブ転職に強み

これらの評判について1つずつ確認していきます。

求人の質が高い

パソナキャリアは紹介求人の質がとても高く、年収アップや福利厚生が充実した企業を多く紹介してもらえます。

紹介求人の質が高い理由は2つあります。

1つは、長年実施してきた人材派遣分野で多くの企業と取引があるためです。

16000社以上の企業との取引が常時あり、企業側からの信頼が厚く、優良企業との太いパイプ多く所有しています。

積み重ねた企業との信頼故に、パソナキャリアにのみ求人を出す優良企業も存在しパソナ独占優良求人も生まれているのです。

2つ目は、「かかわるすべての人が幸せになる会社を創る」という方針に基づく徹底した起業紹介基準です。

パソナキャリアの社員はクレドと呼ばれる行動指針を毎朝唱和し記載の内容を毎日1つは実施できるよう目標設定をして業務を行っています。

こうしてキャリアアドバイザー一人一人の業務でも転職者の利益の最大化を意識させることで条件の悪い求人の排除を徹底しています。

裏付けとなる使用者の口コミ
40代男性・SE
年収700万円台
条件がよく、とても魅力的な求人を紹介してもらえました。パソナグループで長く付き合いのある大手企業で、求人の際はパソナに優先して出しているとの事。経歴がしっかりしており、魅力的な人柄にしか紹介しない求人なので、是非選考を受けてみてくださいと伝えられました。過去の転職活動でこのような打診を受けることはなかったので、とても驚きましたが、この会社で働いてみたいと思う求人内容でしたので、選考を受けさせて頂きました。

アドバイザーの丁寧な対応、サポートあり

パソナキャリアは転職者一人一人にじっくりと時間をかけ対応することで有名で、平均20時間以上の面談時間を取っています。

キャリアアドバイザーとのはじめの面談では、転職を考えた理由・目的やアピールできるスキルの具体化、希望する会社の従業員数や自社サービスの有無などを丁寧に深堀し転職者が希望の会社をはっきりとイメージできるようにします。

これらの質問によって転職者の希望や強みをはっきりさせているからこそ職務経歴書や履歴書の添削や面接対策なども的確にフォローしてくれます。

さらに面談後も主体的に自身で自分の軸や行動を確認できるよう”転職必勝ガイド”と呼ばれるオリジナル冊子をもらうことが出来ます。

また、パソナキャリアは転職者向けの独自コンテンツも充実しています。

例えば、はじめて転職を考えている人や業界動向を知りたい人などを対象に予約制の無料転職個別相談会も企画運営しており、すべての転職者に対し多くの情報を発信する事業を展開しています。

他にも必要情報を入力するだけで自身の転職相場がわかるパソナキャリア公式HP内には年収診断・年収査定シュミレーションなど転職者の基準や目的を明確にする補助ツールが多く存在します。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・エンジニア
年収700万円台
いくつもの面接を同時進行していたので、多少返事が遅れてしまうこともありましたが、アドバイザーは嫌な雰囲気を出さずに対応くださりました。お陰で自分のペースで転職活動が行え、感謝しております。パソナで紹介して頂いた求人で内定も頂く事ができました。

女性の紹介求人に強み

そもそもパソナグループは子育てを終えて再就職を希望する女性たちに、現役時代に培った技術や経験を活かすことのできる仕事の場を創りたいという思いから誕生しており女性への支援にとても力を入れています。

上記の目的を実現するためパソナキャリアでは女性が自分らしくキャリアを築いていくことを目的としたWomanCAREERというサービスを実施しています。

このサービスではハイキャリアや次世代リーダー、第二新卒、リケジョなど様々な経歴を持つ女性一人一人に向けた情報発信を行っています。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーはこのサイト運営で得た女性のニーズや様々な企業で働く女性のロールモデルをもとに女性への転職支援を行っているため産休・育休実績のみでなく制度を活用しやすい風土か、休暇取得後キャリアが保障されているかどうかなど女性ならではの視点で細かく企業を分析し求人を紹介してくれます。

裏付けとなる使用者の口コミ
女性・匿名希望
私が女性なこともあってか、担当のキャリアアドバイザーの方も女性で、すごい親身になって相談に乗ってくれました。残業があるのは嫌だとか、上司からのセクハラがありそうなところは嫌だといった要望を言ったところ、ブラックそうな企業は全くと言っていいほど紹介されませんでした。また、職務経歴書の書き方もしっかりと指導してくれて、書類審査で落ちることは全くありませんでした。その後の面接対策も担当のキャリアアドバイザーの方がかなり面倒を見てくれて、本番でもしっかりと自分を出すことができました。

エクゼクティブ転職に強み

パソナキャリアは長年実施してきた人材派遣分野で多くの企業と取引があるため、大手や外資企業の年収800万以上のエクゼクティブ求人も豊富に取り揃えています。

これらの求人を取り扱うエクゼクティブ転職専用の登録サービスが提供されています。

また、エクゼクティブ転職を得意とする担当のキャリアアドバイザーには企業の採用アドバイザーも兼任している方も在籍しており、よりリアルな業界・会社情報の提供や転職者が興味のある企業へのアプローチを実施してくれるケースもあります。

また、パソナキャリアとは別にパソナグループ内でエクゼクティブにより特化したパソナフォーチュンという転職支援サービスも運営されているので是非合わせて確認してみてください。

裏付けとなる使用者の口コミ
40代男性・IT
年収1200万円台
大手のIT企業で営業をしておりましたが、年齢も年齢というだけあり転職では企業管理職を目指していました。ブランドがあるということと求人数が多いということで大手の転職エージェントはだいたい利用してみましたが、パソナキャリアさんが求人・サポート含めたサービスが最もよかったです。

パソナキャリアの2つの悪い評判(デメリット)

ここでは実際にパソナキャリアを利用した方の口コミを利用しながらデメリットをはっきりさせ、転職エージェントを利用する上での注意点を具体的にします。

評判からわかるパソナキャリアのデメリットは以下の2つです。

  • 求人の量が少ない
  • アドバイザーの対応にばらつき(どの転職エージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

求人の量が少ない

業界3位約5万件の求人数を誇るパソナキャリアでも10万件以上の求人を保有するリクルートエージェント・DODAと比較すると所有する求人の量はどうしても見劣りします。

地方求人についても同様で拠点は全国にあり各地の求人を集めていますがリクルートエージェント・DODAと比較するとどうしても少なくなってしまいます。

また、紹介される求人は、関わる人すべてを幸せにするという理念のもと転職者のニーズを満たすべくアドバイザーにより厳選されています。

そのため、アドバイザーが選ぶ過程でどうしても転職者の手元に来る求人の数が少なくなってしまいます。

しかし、キャリアアドバイザーによる丁寧な対応については上記2社以上のものが期待できます。

よって、求人の量が少ないデメリットを解消するため面談による丁寧なサポートを目的としてパソナキャリアを利用し、求人数確保を目的にリクルートエージェント・DODAなど別の転職エージェントを併用することをお勧めします。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代女性・建築
年収600万円台
うーん、大手R社、D社より一度に紹介される求人は少なかったですね。はっきり言って求人の数は大手には及ばないということもあるからでしょう。でも、求人の質にはこだわってくれたのはよかったです。サービスの質重視でやってるだけあると思いました。

アドバイザーの対応にばらつき(どの転職エージェントも比較的あること)

人とのつながりを大切にしているパソナキャリア。

これらを体現するためなのか基本的な連絡に電話を多く使用しています。

この対応が煩わしく感じてしまう人も何人か見受けられました。

もし、日中は働いていて電話に出れるタイミングがないなどの事情がある方はキャリアアドバイザーに「〇時頃は電話に出られないので△時頃に電話をかけるようにお願いします」や「基本的な連絡は電話よりメールやマイページへ文章で頂けますか」など希望をしっかりと伝えてるようにしましょう。

裏付けとなる使用者の口コミ
30代女性:WEB
年収400万円台
時間を割いて選考の対策をしてくれるのは素晴らしいと思うんですが、日中に電話かけてくるのが… 仕事してるし電話にでれませんからー!って感じですね。でも、希望年収400万円のところ500万円で転職できるのはパソナキャリアの派遣のコネで年収交渉がしやすかったからでしょうか。

こんな人におすすめ! パソナキャリアとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、パソナキャリアがマッチする人は以下のような人です。

今回分類した性格を2つの定義を再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい
    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

思考派の全年齢、その中でも特に女性や35歳以上のエクゼクティブ層はよりマッチする転職エージェントです。

若者層に関しては実績が多いマイナビエージェントに強みがあります。

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

|パソナキャリアの効果的な利用方法
自分の転職の軸をはっきりさせ、目的を持って複数の転職エージェントを利用し、求人情報を得ることでより効果的に転職を進めることが出来ます。

パソナキャリアにマッチする方の併用転職エージェント戦略の一例を紹介します。

自分の軸がまだはっきりせずより多くのプロの意見を取り入れたい人は「求人数×手厚いサポート」を受けることを目的に丁寧な対応に定評があるマイナビエージェントの併用をおすすめします。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーとの面談で自分の転職に軸がはっきりした方は、パソナキャリアをメインにし、より多くの求人情報を得ることを目的にリクルートエージェント、DODAを併用することをおすすめします。

また、既に自身の軸がはっきりしている方は特化型エージェントの併用もおすすめです。

上記表に記載した以外の特化型エージェントを下記にまとめました。併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

   転職
エージェント
特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

パソナキャリアでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

我々転職者と直接かかわるパソナキャリアのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。

親身に話を聞いてくれ、とても謙虚でかつ話しやすく好感を持てる印象の方が多いようです。

裏付けとなる口コミ
20代男性・PR
年収300万円台
急かされる感じがなく、自分のペースでしっかり活動できたのは大きかったです。「腰を据えて転職活動に取り組める」という印象です。もちろん、対応はしっかりして下さるのですが、基本的に「ゆっくり選んでも大丈夫ですよ。」というスタンスでしたので、焦らずに自分にあった求人選びが出来たように思います。

キャリアアドバイザーの経歴

キャリアアドバイザーの経歴を確認してみましょう。

パソナキャリアで紹介されているキャリアアドバイザーの中で、業界に強みのあるアドバイザーとして紹介されている116名の経歴を調査しました。

上記アドバイザーの中で“自身も転職経験あり”、”新卒でパソナキャリアに入社”など経歴がはっきりしている73名で統計を取った結果が以下のようになります。

さらに、企業担当も兼務していると記載していた方は全体の16%程度、公開されている範囲で確認したデータなので全体としては20%前後ではないかと考えられます。

また、データを集計する中で分かったキャリアアドバイザーの経歴を大まかに4タイプに分類したものを以下に記載するので参考にしてください。

  1. キャリアアドバイザーの経歴の4タイプ新卒でパソナキャリアに入社、専門の業界として現業界を長く担当
  2. 新卒でパソナキャリアに入社後様々な業界を経験し、現担当に
  3. 担当の業界で勤務経験のある人物が中途採用でパソナキャリアに入社
  4. 人材業界勤務経験者や担当と別の業界経験者が中途採用でパソナキャリアに入社

これらのデータからパソナキャリア内には様々な経験を持つキャリアアドバイザーが在籍していることが分かります。

よって、自分の求めるサポートをしてくれるキャリアアドバイザーはパソナキャリア内に必ず在籍しています。

もし、担当者の業界への専門知識が必須と考える方はキャリアアドバイザーの経歴(業界経験年数、転職経験の有無、企業担当は兼務しているかなど)を確認した上で上記1や3のタイプの経歴のキャリアアドバイザーに担当変更をお願いするのも良いでしょう。

キャリアアドバイザーの対応・評判

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、押しつけがましくなく、自分の希望に沿ったものを精一杯提案してくれるというものでした。

書類に関しては細かな指導や面接対策ではこちらからお願いすれば、より実践的な練習とそのフィードバックまで実施してくれます。

また、様々な講習も独自に実施しており、面談時転職者の役に立つと気が付いたスキルなどを身につけるチャンスが貰えます。

裏付けとなる口コミ
33歳女性・経理
年収450万円台
求人を紹介してくれる際、「ここは福利厚生が素晴らしいですよ」「社員の離職率が低くて一生働ける環境ですよ」といったようにかなり出し惜しみせず厳選して求人を紹介してくれました。また、面接対策が抜群によかったです。企業に受けるコツや注意点を細かく教えてくれたのはとても役立ちました。

パソナキャリアの使い方 ー大まかなの流れを紹介ー

パソナキャリアを利用し転職を成功させるまでの流れを紹介します。登録から内定まで、大きく4つのステップがあります。

各ステップの利用のポイントを紹介します。


|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。

氏名・性別・生年月日・メールアドレス・電話番号・住所
職務経歴(最終学歴・卒業年月・転職回数・就業状況・主な経験業種・主な経験職種・マネジメント経験の有無・現在の年収・希望年収・希望勤務地)

職務経歴書を事前に準備しておけば5分程度で登録することが出来ます。

職務経歴書の書き方についてはパソナキャリアが詳細を記載したページが既にあります。

リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。   

職務経歴書書き方参考

|個別面談、求人紹介
パソナキャリアのオフィスか電話にてキャリアアドバイザーとの個別面談を行い、自分の希望の詳細を伝え求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。

不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

また、複数企業に応募の際も日程調整やスケジュール管理を代行してくれるのでどんどんサポートを頼みましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。

アフターフォローとして転職後もキャリア形成などの悩みについて気軽に相談できます。

プロの目線で意見を貰える良きパートナーとして築き上げた関係を大切にしていきましょう。

もし、合わないと感じたら -パソナキャリアの退会方法-  

退会方法詳細を説明実際にパソナキャリアを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいると思います。

そんな方のために退会方法を記載します。

退会申請は担当キャリアアドバイザー、もしくは登録完了時にパソナキャリアより送信したメールアカウントに返信する形でサービス終了の旨を連絡することで実施できます。

その際、登録情報との照合のため、名前(フルネーム)と生年月日も併せて連絡する必要があります。申請メールの例を以下に記載するので参考にしてみてください


退会申請メール例
件名 退会手続きのお願い
平素より大変お世話になっております。貴社転職サービスを利用している〇〇と申します。
本日はサービスを退会したいと考えご連絡いたしました。貴社退会フォーマットに必要情報を記載したものをお送りいたします。

1.氏名 : 〇〇 〇〇  
2.生年月日 : 〇年〇月〇日

お忙しいところ恐縮ですが、ご対応よろしくお願いいたします。

まとめ

パソナキャリアの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

パソナキャリアにマッチする人は思考派の全年齢、その中でも特に女性や35歳以上のエクゼクティブ層の方です。

また、パソナキャリアをより効果的に使うために用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

パソナキャリア最大のデメリットである紹介数の少なさをカバーするなら、求人数が多いリクナビエージェント、DODAへの登録がおすすめです。

また、より多くのプロの意見を取り入れたい人は「求人数×手厚いサポート」を受けることを目的に丁寧な対応に定評があるマイナビエージェントの併用をおすすめします。

思考派の方でしたら、その中でもマイナビエージェントとの親和性が高いと思います。併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に。
仕事とは自己実現の手段です。

あなたの理想の生活を実現できる環境は必ず存在します。自分が大切にするものを守れる未来をつかみ、心身ともにバランスの取れた状態で仕事に取り組めば一層充実感を得られる生活を送れることでしょう。

あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

口コミ関連出典:https://tenshoku.wiki/pasona-career/

マイナビエージェントの評判・口コミを徹底分析|マッチする人とは!? 

突然ですが、”自分にとって最良の転職エージェント”について考えたことはありますか?

求める求人を紹介してくれる、自分の欲しいサポートをしてもらえる、スムーズな転職ができるよう支援してくれるなど、様々な基準があるのではないでしょうか?

これらの基準に共通するの点は自分の希望にマッチしていること。


しかし、人にも個性があるように転職エージェントの対応仕方は会社それぞれ。

もし、転職エージェントのサポートのやり方が自分自身の肌に合わない場合、転職活動の効率、満足度は大きく下がってしまいます。

そこで、このページではマイナビエージェントの特徴・強みを整理し、「マイナビエージェント」を使うべき、マッチする性格の人をお伝えします。

【この記事でわかること】
パソナキャリアの業界内立ち位置とメリット・デメリット(結論のみ知りたい方はこちら
パソナキャリアにマッチする人はどんな人で自分に合うか(結論のみ知りたい方はこちら

転職の考え方と定石

まずは一般的な転職への考え方と進め方についてご紹介します。

もはや常識!? -転職によるキャリアづくりの有用性-

総務省労働力調査により発表された2017年度の転職者数は311万人、この数字は2012年度の280万人から5年連続で増加しています。

雇用の流動化が求められる現代社会で転職は自身のキャリア形成のための手段の1つとして定着しているのです。

さらに、転職により労働環境を変えることのメリットとして人間の才能に関わる興味深い報告があります。

人の才能を研究している米ギャラップ社が紹介するネプラスカ大学の速読教授方法の報告をによると、16歳の学生を対象に3年間のまったく同じ速読の訓練をし続けた結果、その成果に大きな差が生まれました。


結果は以下の通りです。

結果として、元から速読が得意な人の速読数は訓練前から訓練後で350文字から2900文字まで成長しました。

しかし、そうでない人の速読数は90文字から150文字と訓練しても得意な人の訓練前の数字に満たないという結果となったのです。

つまり、成果を出すためには自分の強みを出せる、得意なことができる環境に身を置くことがもっとも重要なのです。

もし、あなたが今の仕事に違和感を感じたり、成果があまり出ていない状態ならば自分を活かしきれていない可能性があり、新しい道について考える価値は大いにあります。

転職の定石 -転職エージェントの利用について-

転職活動は、転職エージェントを利用することでより効率的に進めていくことが出来ます。

そもそも転職エージェントとは何か簡単に説明すると、求人を出している企業にマッチする人材を紹介することで利益を得ているプロフェッショナル集団です。

転職エージェントの顧客である企業は自身の会社で長く働いてくれる人材をもとめているので、必然的に転職エージェントは企業と転職者双方を満足させることが使命となります。

よって、様々なサポート業務を通し我々転職者を理解しようと努め、ニーズを満たすために全力で行動してくれます。


転職エージェントは基本的にキャリア相談から始まり、求人の紹介、企業との交渉、必要書類の添削、面接対策等を実施してくれます。


その中でも特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 良質な非公開求人などを含む求人を自身のニーズに沿って提示してもらえる。
  • 転職のプロと話すことで、自分では気がつかなかった基準や仕事への価値観が見つかる。
  • リアルな企業の採用担当の情報やこれまで採用された先駆者が残した情報をもとに書類添削や面接対策などを熟練のプロにサポートしてもらえる。

このように転職エージェントを利用することで転職者は多くの恩恵が受けられ、転職成功率も格段にアップします。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

それは、転職エージェントによって進め方に個性があるということです。

転職エージェントも組織として利益を出さなくてはならない以上、どうしても自社の利益を確保するためターゲットとなる顧客層や提供するサービスの方針を立て、サポートを進めざるを得ません。

これを理解せずに自分とマッチしない転職エージェントを選択してしまうと利用によって得られるはずの恩恵を満足に得ることが出来ないのです。


よって、我々転職者が最高の成果を出すためにまず行うべきことは、自分とマッチする転職エージェントを正しく選択することなのです。

マイナビエージェント総評 -20代~30代前半であれば利用すべき-

まず、各転職エージェントについて利用者の年齢と性格からマッチしやすい転職エージェントを分析した結果が以下の通りです。

性格は大きく2つに分類し以下のように定義しました。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい

    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない




また、口コミ・評判からマイナビエージェントのメリット・デメリットをまとめたものが以下の通りです。


上記より、マイナビエージェントは思考派の若者層(20~35歳まで)が利用すべき転職エージェントであることがわかります。

詳細な理由や効果的な利用方法については後述します。

マイナビエージェントってどんな会社? -実績と評価理由-

ここではマイナビエージェントの基本的な情報をお伝えします。

マイナビエージェントは利用者満足度96.4%、売上は業界4、5位の転職エージェントです。

また、1000名以上の転職者の情報をまとめた大手転職サイト「転職wiki」でもおすすめ転職エージェントとして高評価を得ています。


マイナビエージェントが、上記の高い評価を得ている理由はサポートを担当するキャリアアドバイザー知識の深さや丁寧な対応にあります。


キャリアアドバイザーの対応の質を裏付ける調査結果として、マイナビエージェント利用者の書類選考通過率は50%以上(他社では一般的に20~30%)、面接通過率は業界によりますが50~70%と非常に高い実績を有しています。

実際どんなサポートを受けられる? -サポート内容詳細-

マイナビエージェントで紹介している求人の種類と利用することで受けられるサポート内容の詳細をお伝えします。

マイナビエージェントの紹介求人

マイナビエージェントが取り扱う求人は以下の通りです。



IT・通信関連が全体の33.6%と特に多いことが分かります。

マイナビエージェントはマイナビエージェントとは別に「マイナビエージェント×クリエイティブ」や「マイナビエージェント×IT」というIT・通信業界専門のサービスを展開していることからIT・通信業界に強いことは間違いありません。

この結果を聞くと、IT・通信業界のみしか良質な求人がないのではないかと疑問に思う方もいるかもしれませんが心配いりません。


転職市場全体の求人倍率を確認すると、IT・通信業界の求人倍率は全体平均の2倍以上あり、転職市場全体としてIT・通信業界の求人は多いことがわかります。


よって、マイナビエージェントは業界に偏らずすべての業界の転職をバランスよく紹介してくれていると判断して良いでしょう。


マイナビエージェントのサポート内容

マイナビエージェントによる具体的なサポート内容は以下の6つです。



この中でも特に役に立つのが”書類添削”と”面接対策”です。


書類添削では、マイナビエージェントが直接企業から集めた採用情報をもとに転職者一人一人の強みに合わせ、書くべきエピソードや企業に響く魅力のあるスキルを提案してくれます。


面接対策では、身だしなみから話す速度・強弱まで徹底的にアドバイスしてもらうことができます。


また、過去に出た質問などから、企業が何を知りたいのか、転職者が伝えるべき情報は何なのか個人ではなかなか得られない情報が得られます。


これらをきっちりと行うことで実際の転職活動で一番の難関である書類選考や面接への不安の大部分を取り除くことが出来、自信を持って選考に望めます。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代女性・経理
年収300万円台

親身なサポートが役立った
20代の評判がよいと評判を聞いていたので利用してみました。
初めての転職だったので不安でしたが、担当の方は優しく職務経歴書の書き方からしっかりと教えてくれ、「初めての方がほとんどなので心配いりません。
一緒に頑張っていきましょう!」と励ましてくれました。
しっかりサポートしてくれたおかげで書類もほとんど落ちることなく、選考も毎回フィードバックくれたのがとても役に立ちました。

20代女性・コンサル
年収600万円台

電話でも面接対策の時間を取ってくれた新卒では外資コンサルに入りましたが、2年でキャリアアップのために退職し、新卒の時に利用していたマイナビとリクルートを利用しました。
私はマイナビで転職することになったのですが、マイナビの良かった点は選考対策をばっちりやってもらえることです。
面接の前には個別に時間を取ってくれて来社できないときでも電話で選考対策をしてくれたり、面接のポイントを教えてくれました。

マイナビエージェントの4つの良い評判(メリット)

評判からわかるマイナビエージェントのメリットは以下の4つです。

  • 若者層に特に実績あり!(20~35歳、第二新卒の転職)
  • 優良企業を含む非公開求人多数紹介
  • 充実のサポート体制!キャリアアドバイザーは熱意があり、丁寧に対応
  • サポート期限なし、無期限でサポートを受けられる

これらの評判について1つずつ確認していきます。

若者層に特に実績あり!(20~35歳、第二新卒の転職)

マイナビエージェントのHPに企画の顧客層が以下のようになっています。



このデータからわかる通りマイナビエージェントを利用する転職者の76%が35歳以下の若者層です。


前述したとおりマイナビエージェントの利用者満足度96.4%であることから若者層の絶大な支持を受け、実績を出しているエージェントであるといえます。

優良企業を含む非公開求人多数紹介

およそ3万件の求人情報を所有するマイナビエージェント。

所有する求人の80%が非公開求人となっています。

そもそも非公開求人は大企業などが「競合他社に知られたくない」、「急に異動や退職で欠員が出た」などでライバル企業に知られずに採用活動を行うために利用されます。

その性質上、比較的質の良い求人が集まりやすい傾向にあります。


さらに、マイナビエージェントを運営するマイナビは新卒領域でNo.1の業績を有しています。


新卒で求人を出していた大手の採用担当がそのまま転職市場でもマイナビに求人を出すことが多いのです。


これら2つの要因からマイナビエージェントの求人には、比較的質の高い求人が集まっています。

裏付けとなる使用者の口コミ
30歳男性・SE
年収500万円台

マイナビエージェントさんは、担当の方が大変親身になって話を聞いてくれました。
その上で年収の高い求人を提案してくれて、選考対策も何度もしてくれました。
結果、一生働けそうな社風で、かつエンジニアでもブラックではない素晴らしい会社に転職できて楽しく働けてます。

充実のサポート体制!キャリアアドバイザーは熱意があり、丁寧に対応

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは前述したとおり、書類添削及び面接対策について高い実績を有しています。

直接我々転職者をサポートしてくれるキャリアアドバイザーはしっかりと話を聞き、丁寧に対応してくれます。

このマイナビエージェントの対応の丁寧さは業界内でも評判で、リクルートなど他転職エージェントで働いていたアドバイザーが社風に惹かれて転職してくるほどです。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・メーカー
年収300万円台

誠実な対応が印象的でしたとにかく担当の方が親身に対応してくれたのが良かったです。
履歴書と職務経歴書の書き方から丁寧に教えてくださり、面談でも私の話に耳を傾けてくれて希望以上の求人を提案してくれました。
他社だと面接前日に連絡がくるなど連絡の遅さが気になるところがありました が、マイナビさんはこちらからアクションを起こすとすぐにメンションをもらえたので気持ちよく転職活動を進めることができました。

サポート期限なし、無期限でサポートを受けられる

マイナビエージェントのサポート期限は無期限。他社が3カ月とサポート期限を決めている中、転職者に納得して活動を進めてほしいという意思を感じられる、とても嬉しいポイントです。

転職活動は一生に何度も行うではありません。


実際に時間をかけて活動を行い満足した結果を得られた方もおり、サポート期限なしというサービスは転職者に寄り添った良質なサービスの1つであると言えます。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・OA機器営業
年収400万円台

私はいわゆるブラック企業なので他社の紹介会社さんを利用していましたが、あまり転職に時間がとれず、内定を取れても急かされるので利用をやめてしましました。
マイナビさんはサポート期間が無期限なので自分のペースで進めても大丈夫ですよと言ってもらえたので転職まで5か月かかってしまいましたが転職することができました。

マイナビエージェントの3つの悪い評判(デメリット)

評判からわかるマイナビエージェントのメリットは以下の3つです。

  • ハイクラス求人が少ない
  • 求人が主要都市部に集中しており、地方の求人が少ない
  • 連絡が密すぎると感じる場合あり(どの転職エージェントも比較的あること)

これらの評判について1つずつ確認していきます。

ハイクラス求人が少ない

マイナビエージェントは35歳以下の転職ユーザーをメインターゲットとして力を入れているため、ハイクラス向けの求人の数は他エージェントと比べどうしても少なくなってしまいます。

上記した問題の解決策としては他転職エージェントの同時利用をおすすめします。

ご自身の転職活動の進め方や求める求人の条件によってどの転職エージェントを利用するかはこちらの項目を参考にしてみてください。

裏付けとなる使用者の口コミ
40代男性・営業
年収1000万円台

紹介されないわけではないんだが、パソナキャリア、JACと比較しても求人は少なく、魅力的な求人も多くはなかった。

求人が主要都市部に集中しており、地方の求人が少ない

マイナビエージェントの拠点は東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、札幌と現在6か所となっています。

拠点が主要都市に集中している関係上、拠点のない地域の求人はどうしても少なくなっています。


勤務地に強いこだわりのある方は他転職エージェントの同時利用をおすすめします。


地方に強い転職エージェントにとしては圧倒的求人数と拠点を誇るリクルートエージェントやDODA、そして地方特化型エージェントとしてREGIONALCAREERなどがおすすめです。


特徴など後述していますので参考にしてみてください。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代女性・営業事務
年収400万円台

夫の転勤に伴って新卒の時も利用していたということでマイナビエージェントを利用しました。
専業主婦をやっていたので3年間のブランクはあって心配でしたがきっちりサポートしてもらえたので感謝しています。
残念な点は私が希望する地域の求人はないわけではありませんが少なかったことです。

連絡が密すぎると感じる場合あり(どの転職エージェントも比較的あること)

キャリアアドバイザーの丁寧な対応が強みのマイナビエージェントでも人の相性の問題は一定数出ています。

サポートしてくださるキャリアアドバイザーの方が良かれと思った行動が自分のニーズとマッチしないことはあります。


そんな時はまず担当してくださるキャリアアドバイザーの方に自分の進め方や欲しい情報などをより詳細に伝えるようにしましょう。


それでも改善されない場合や自分と合わないと感じた場合はキャリアアドバイザーの変更を申し出ましょう。

担当の変更申請メール例
お世話になっております。
貴社の転職コンサルサービスを利用している〇〇と申します。
現在、担当をして頂いている△△様には大変お世話になっており、丁寧な対応に感謝をしております が、他の方の意見も参考にしたいと考えております。
可能でしたら、志望しておりますIT業界に精通しているアドバイザーの方と一度話がしたいので調整の方お願いできますでしょうか。
お忙しいところ大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。

 

裏付けとなる使用者の口コミ
電話工事業・40代前半・男性
年収400万円台
登録して希望を出してるにも関わらず働きたい会社は少なく、紹介よりも面接ではこう答えるべき!とか履歴書の書き方、服装など関係ないとは言えないですが、求めていない情報が毎日メールで届くので転職サイトとしてはどうかなと思いました。

こんな人におすすめ! マイナビエージェントとマッチする人

これまで検証した内容を主要な転職エージェント各社に実施した結果をもとに性格別にマッチする転職エージェントを分類していきます。

検証結果、マイナビエージェントがマッチする人は以下のような人です。



では、全体として性格と転職エージェントの方針を検証したものには、どのような傾向があるのでしょうか。

まず、今回分類した性格を2つを再度記載します。

  • 行動派
    転職の基準がある程度はっきりしており、どんどん進みたい
    どのように進めればいいか、動きながら考えられる
  • 思考派
    専門家の意見を好きなだけ聞き、じっくり考えて進みたい

    思考が整理されなるまで大きな行動を起こしたくない

上記の性格と転職エージェントの方針を検証した結果が以下の通りです。

性格 年齢 転職エージェント 特徴
行動派 全年齢 保有求人数約23万件 業界No.1 
豊富な求人を活かし、候補の企業をどんどん紹介
保有求人数約10万件 業界No.2
同業種・同業界での即戦力採用に特に実績あり
保有求人数約1万5千件
IT業界一筋で10年以上運営の特化型エージェント
思考派 全年齢 保有求人数約4万件
30、40代未経験OK求人や女性向け求人に特に実績あり
若者層 保有求人数約3万件
20代・第二新卒・35歳以下の30代求人に特に実績あり
保有求人数約1万件(1都3県特化)
35歳以下の30代と女性向け求人に特に高い実績あり
保有求人数約2千件
社会人未経験や第二新卒の方向け特化型エージェント

35歳以上
ハイキャリア

保有求人数約1万5千件
外資系企業・国内大手企業・海外など質の高い求人あり

また、マイナビエージェントをより効果的に活用するために、求人数が少ないという点をカバーする目的で複数の転職エージェントを利用することがおすすめです。

希望する業界や条件がある程度決まっている人向けに、上記表に記載した以外の特化型エージェントをまとめました。
併用する転職エージェントの候補としてぜひ参考にして下さい。

  転職 
エージェント
特徴 
IT業界
 
保有求人数約2千件以上
IT・Web特化型エージェント
保有求人数約1千件以上
IT・Web特化型エージェント
アパレル業界 保有求人数約2千8百件以上
パーソルキャリア運営アパレル特化型エージェント
外資系  保有求人数約2千件以上
世界28カ国にオフィスを構える外資特化型エージェント
地方

全国21箇所に拠点ある地方特化型エージェント
女性

年収400万円以上の案件限定、200社の起業と提携している
女性特化型エージェント

ハイキャリア
 
世界36カ国にオフィスを構え、市場価値が低いと求人を一切紹介しないハイキャリア特化型エージェント

約1700名以上のヘッドハンター登録、管理職・専門職などのハイクラス向け求人特化型エージェント

第二新卒  20代のキャリアのない若者が未経験から正社員になれる求人案件が多いフリーター・第二新卒向けエージェント

マイナビエージェントでサポートしてくれるキャリアアドバイザーってどんな人?

我々転職者と直接かかわるマイナビエージェントのキャリアアドバイザーはどんな方々なのでしょうか。

口コミを使って詳細を検証していきます。口コミの中で特に多かったものは以下の通りです。



会社全体として親身に丁寧な対応をしてくれるキャリアアドバイザーの方が多いようです。

また、「転職に親身なブレーンを」という会社スローガンを体現するような対応が周知されており、話をしっかり聞く、我々のニーズを引き出し顕在化させるという2つが出来る優秀なアドバイザーが多数在籍しているようです。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・営業
親身なサポートと質の高い求人の紹介がよかった新卒で入社したものの、労働環境が悪かったために3か月で退職し、すぐに転職活動をしました。
就活の時に使っていたのでマイナビさんを使いましたが、アドバイザーの方は親身になってサポートしてくださり、質の高い求人案件をたくさん提案してくださいました。
また、書類添削や選考の際のポイントを教えてくれたのがありがたかったです。

キャリアアドバイザーの経歴

マイナビエージェントで転職を担当するキャリアアドバイザーは基本的に転職を経験したことがある中途採用者が担当しています。

自分の転職経験をもとにサポートしてくれるからこそ我々の気持ちに寄り添った親身な対応をしてくれるのです。

また、キャリアアドバイザーの担当は業界によって細分化されています。

この担当分野は前職でいた業界や職種によって分類わけされているため業界人にしかわからない詳細なノウハウを転職者に提供してくれます。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・エンジニア
年収500万円台

転職でこちらを利用しました。
マイナビエージェントで良いと感じたことは担当のアドバイザーが業界出身者だったことです。
私の場合エンジニアなので、担当のアドバイザーがエンジニア出身だったことは求人の紹介や選考対策に非常に役立ちました。
A社はゆったりとした社風なのでマイペースな〇さんに向いていると思いますよ、とったように企業の内部の情報を教えてくれるので具体的に働くイメージができたのがよかったです。

キャリアアドバイザーの対応・評判

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの対応として多い評判が、他転職エージェントでは対応してくれない細かい点まで親身になって対応してくれるというものでした。

書類に関しては細かな書き方や印象のつけ方の指導。

面接対策ではこちらからお願いすればマンツーマンで、より実践的な練習とそのフィードバックまで実施してくれます。

ここまで至れり尽くせりの対応をしてくれるマイナビエージェントは、転職エージェント界の星野リゾートと言っても過言ではないかもしれません。

裏付けとなる使用者の口コミ
20代男性・営業職
年収700万円台

職務経歴書の書き方ひとつとっても、「プロジェクトは箇条書きにしたほうがいいですよ」など他社では指摘してくれなかった細かい点まで添削してくれました。
私がマイナビさんを利用していて一番良かったのは選考前には時間を取ってくれて面接対策をしてくれたこと。
選考対策を徹底的にやってくれたおかげで念願の企業に転職できたのはマイナビさんあってのことです。

マイナビエージェントの使い方 -大まかなの流れを紹介ー

マイナビエージェントを利用し転職を成功させるまでの流れを紹介します。

登録から内定まで、大きく4つのステップがあります。



各ステップの利用のポイントを紹介します。

|Web登録
Webページの初回登録内容は以下の通りです。

氏名・性別・生年月日・メールアドレス・電話番号・住所
最終学歴(簡易年度確認
職務経歴(勤務先企業名・雇用形態・勤務期間・業種・職種・在職時年収・従業員数・最終役職・業務内容(5000字以内))
希望条件(勤務地・業種・職種  ※第3希望まで登録可能)

職務経歴書を事前に準備しておけば5分程度で登録することが出来ます。

職務経歴書の書き方についてはマイナビエージェントが詳細を記載したページがあります。


リンクを以下に記載するので参考にしてみてください。


職務経歴書書き方:参考

|個別面談、求人紹介
マイナビエージェントのオフィスか電話にて90分程度キャリアアドバイザーとの個別面談を行い、自分の希望の詳細を伝え求人を紹介してもらいます。

求人紹介時には社風や人間関係などの環境など書面ではわからないコアな情報も聞くことができるので気になる点はどんどんキャリアアドバイザーに質問しましょう。

|選考
キャリアアドバイザーの書類添削や模擬面接などをフル活用。

自信を持って選考に挑めるよう全力でサポートしてくれます。


不安や疑問点などはどんどん相談し、アドバイザーと二人三脚で理想の結果を実現しましょう。

|内定、入社
キャリアアドバイザーには転職先との年収交渉や入社日の調整をお願いしましょう。

また、円満退職方法についてのアドバイスを貰い、後腐れなく退職しましょう。


アフターフォローとして転職後もキャリア形成などの悩みについて気軽に相談できます。


プロの目線で意見を貰える良きパートナーとして築き上げた関係を大切にしていきましょう。

もし、合わないと感じたら -マイナビエージェントの退会方法-

実際にマイナビエージェントを利用して合わないと感じ、退会を希望する方もいるでしょう。

そんな方のために退会方法を記載します。


退会の際のポイントは、今後マイナビエージェントを再び利用する可能性があるかどうかです。


利用する可能性がある場合はご自身が申請すればすぐに活動を再開できるよう個人情報を残し、求人紹介などのサービス利用を止める退会申請をしてください。


絶対に利用しない場合は退会申請+個人情報消去依頼を行いましょう。


申請方法は以下の2つです。

|キャリアアドバイザーと面談を実施している場合
キャリアアドバイザーに退会もしくは個人情報消去依頼の連絡をします。

連絡後はキャリアアドバイザー指示に従って申請をすれば問題ありません。

|キャリアアドバイザーと面談していない場合
マイナビエージェントの退会申請窓口にメールで連絡を行ってください。連絡先が分かるページのリンクと申請メール例を記載しておくので参考にしてください。

マイナビエージェント退会説明

退会申請メール例
件名 ”退会”または”個人情報削除” のどちらかを記入

平素より大変お世話になっております。

貴社転職サービスを利用している〇〇と申します。
本日はサービスを退会したいと考えご連絡いたしました。

貴社退会フォーマットに必要情報を記載したものをお送りいたします。
1.氏名(必須): 〇〇 〇〇
2.生年月日(必須): 〇年〇月〇日
3.登録住所(必須): 〇県〇〇
4.電話番号(必須):〇-〇-〇
5.退会・削除理由(下記より選択してください): c
a) 転職先が決まったため(人材紹介会社経由 or 自己応募)
b) 転職活動をとりやめたため
c) 有益なサービスが受けられなかったため
d) 誤って登録をしてしまったため
※今後のサービス向上のため、分かりにくかった点をお聞かせください
求めている求人情報が見つからなかったため。
6.退会のみ希望/登録情報の削除を希望 : 退会、登録情報削除を希望

お忙しいところ恐縮ですが、ご対応よろしくお願いいたします。

まとめ

マイナビエージェントの口コミ・評判の分析結果からわかる特徴・強みをご理解いただけたでしょうか。

自分の性格や進め方からマッチする転職エージェントを選択できるとご自身の転職がより成果の上がりやすいものになります。

マイナビエージェントにマッチする人は思考派の20代全般、30代前半の方です。

また、マイナビエージェントをより効果的に使うために用途に合わせて他転職エージェントを登録するべきでしょう。

マイナビエージェント最大のデメリットである紹介数の少なさをカバーするなら、求人数が多いリクナビエージェント、DODA、パソナへの登録がおすすめです。


思考派の方でしたら、その中でもパソナとの親和性が高いので併用転職エージェントとしては、特におすすめです。

最後に
苦なくでき、成果があがる仕事が見つかれば、努力が報われ、仕事に対してより一層充実感を得られるようになります。
あなたが転職で、今よりも素敵な生活を過ごせることを信じています。

転職活動で必ず利用するべきおすすめ転職エージェントランキング | 300人の評判から徹底比較

「今の仕事からもっと年収を上げたい」
「キャリアップして仕事の幅を広げたい」
「今の仕事に未来が見えず不安で仕方がない」

そんな風に思い転職活動を検討されているかと思います。
どうせなら転職者からの評判が良く、絶対に転職に成功できるおすすめの転職エージェントを使いたいですよね。

当記事では、2017年9月~11月の直近3ヶ月間に転職活動を終えたての「転職成功組」に大規模なアンケート※1を行い、「求人の質」「求人の量」「担当者の対応クオリティ」「サポート体制」の4つの軸で評価した現時点で最もおすすめな転職エージェントランキングを作成しました。

※1 アンケート調査の出典については、以下のサイト調査結果を参照しています。

絶対に登録すべき転職エージェントおすすめランキング|1000人の口コミから評判を徹底比較!

転職エージェントの比較については、上記記事でクチコミなども交えて一層丁寧な解説が載っておりますので更に詳しい情報を知りたい方は上記の記事もあわせてご利用いただくことをおすすめします。

続きを読む

40代なら使っておくべき転職エージェントおすすめランキング

40代の転職となると、一番怖いのが転職先が見つからないという点です。
どうしても年齢的なものもあり求人数が急激に落ちる年代ですし、キャリア不足やスキル不足などで転職活動が長引く傾向があります。

ハローワークの調べでは40代の転職で3人に1人は1年以上転職活動をしています。こうなると家庭を持っている人が多い40代にとっては死活問題です。
また、40代になるとキャリアに自信がある人や手に職を持っている、資格を持っている人でないと転職しにくい傾向があります。

となると、キャリアに自信がなかったり、手に職がなければ転職できないのでしょうか。
そこをクリアにしてくれるのが転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントです。
キャリアコンサルタントは転職のプロですので、40代が転職を行うなら転職エージェントを利用した方が、自分の望む転職や、早く転職できる可能性も広がります。

ですが、転職できる年代としてはギリギリの40代ですからどんな転職エージェントでも良いというわけではありません。
そこで、40代におすすめの優良転職エージェントをランキングにしてご紹介していきます。
このランキングを見て自分に合う転職エージェントを見つけていきましょう。

続きを読む

30代なら使っておくべき転職エージェントおすすめランキング

30代の転職は20代の時のように「働けたらどこでもいい」というような安易な考えでは成功しません。
もし成功しても年収が大幅にダウンしてしまう可能性が高いのです。

また、35歳を過ぎると急激に転職が難しくなってきます。
最近減ってきましたが、まだまだ35歳が転職の限界としている企業も多いため、自分が今後どう成長したいのかなど目標を明確にしないと転職しにくい年齢でもあります。

30代で転職する方法で一番転職成功率が高いのは「これまで経験してきたキャリアやスキルを活かす」ということです。

ですが、今後自分がこれまで経験してきたキャリアを捨て、新しい分野に挑戦したのであれば成長中の業種や職種、ニーズの高い鞘腫や職種を選ぶ必要があります。
30代で転職をするには自力で行うより転職のプロであるキャリアコンサルタントの力を借りて転職エージェントを利用する方が転職成功率が上がります。

そこで、30代におすすめの優良転職エージェントをランキングにしてご紹介していきますので、自分に合った転職エージェントを見極めて転職活動に活かしましょう。

続きを読む

20代なら使っておくべき転職エージェントおすすめランキング

20代は転職経験も少ないので転職サイトより転職エージェントを利用する方が良いでしょう。
転職サイトにはキャリアコンサルタントがいないため、転職サポートを受けることができません。
求人を探し、企業とコンタクトを取りスケジュール管理をし、年収交渉や待遇交渉など全て自分で行わなければなりません。

20代で、全ての交渉ができる人はほとんどいないと思いますので、そんな時こそ転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントの出番です。
キャリアコンサルタントは転職に関する全てのことをサポートしてくれます。
転職に必要な履歴書や職務経歴書の添削や面接対策なども行ってくれますので転職できる確率が各段に上がるのです。

ですので、転職経験が少ない20代こそ転職エージェントを使いましょう。
そこで、20代が転職しやすく、20代向けの求人があり、20代向けのサポート体制があり、今後のキャリア相談などもできる転職エージェントはどこなのか、20代におすすめの優良転職エージェントをランキングにしてご紹介していきましょう。

続きを読む

女性なら使っておくべき転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントを探す時は、求人の量や質、キャリアコンサルタントの質や提案力などを見極めなくてはなりません。

それに加えて女性が転職をする時には、何かと制限されることが多いので女性のワークスタイルや気持ちを分かってくれるキャリアコンサルタントがいる転職エージェントが必要です。
また、女性のワークライフバランスを考えた求人を保有している転職エージェントであることも必要です。

ですが、女性が転職しやすい環境を整えてくれている転職エージェントがどのエージェントなのかわからないという人もいるでしょう。
そこで、女性におすすめの優良転職エージェントをランキングにしてご紹介していきましょう。

続きを読む